こんにちは、ダサオです。

嘘か誠か、某ア◯ィーレの人が言っていたという任意整理のボーダラインは借金150万円説。私も借金額が150万円に近づき、その意味が少しだけ分かるようになってきました。ただ、任意整理をすると利息を払わなくてよくなる可能性はありますが、もちろんデメリットだったりリスクというものも0ではありません。

今後の人生も考えたうえで、一番いい自分の借金返済方法を客観的に見るためにも、今の私の状況で任意整理をした時としなかった時の比べるべきポイントを整理していきます。

スポンサーリンク

任意整理とは?

弁護士や司法書士に依頼し、債権者(私の場合は三井住友銀行)に支払いの減額利息カットを交渉してもらい、3年〜5年位で分割での返済をしていく手続きのこと。

任意整理について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください→多重債務者が任意整理するべきか考えてみた。メリットとデメリットとバレるかどうか

任意整理した場合とおまとめローンで返済を続けた時の比較ポイント

私の場合、三井住友銀行カードローンで借金をまとめていますので、今のままでは三井住友銀行を相手に任意整理することになりますが、正直、三井住友銀行から一生取引の制限をかけられるのは想像すらできないリスクが潜んでいる可能性があります。

そのため、任意整理をする場合は他の金融業者に借り換えて、半年間は通常の支払いを続けてからとなります。

詳しくはこちらの記事に書いてあるのでご覧下さい→あえて借入先を代えてから任意整理をするとどうなるだろうか?

利息と期間の比較

今の私の借金総額は約140万円で、金利は10%です。

返済計画は、

月の支払いは4万円

  • 支払い期間:42ヶ月(3年6ヶ月)
  • 総支払い金額:約166万円(内利息の総支払い額は約26万円)

 

を予定しています。詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい→借金返済がキツくなったから返済計画を見直す

 

この状況で任意整理をした場合、債権者が応じてくれさえすれば、利息の26万円は払わなくてよくなり、140万円の借金を3年〜5年かけて返済することになります。

私の場合、月に約3.9万円を36ヶ月(3年)に分けて支払いする形でしょうか。

利息と期間の比較
任意整理をした場合、利息は-26万円、期間は6ヶ月短縮

手数料

弁護士や司法書士に依頼をするので手数料が発生します。着手金や成功報酬と分かれていたり、過払い金の有無で変わってくる事務所もありますが、相場は債権者1社につき3万~5万といわれています。

私の場合は任意整理をするとしたら、おそらく最低でも借金を2社に分けなければ借り換えできそうもないので、6万円くらいはかかるかと思います。

過払い金があればその分も手数料と差し引いて計算にいれられますが、私は過払い金はもうありません→過払い金の請求をしようと思ったけど時効だった

手数料
手数料は6万円と仮定

借り換えた半年分の利息の差額

今の考えでは借り換えてから半年後に任意整理の依頼を開始するので、難儀なことにそこからさらに半年間の利息の差額を計算する必要があります。※借り換え分は18%と仮定

今の金利10%のままだった場合の半年の利息 約6.9万円

半年間だけ金利18%に借り換えた半年の利息 約12.4万円

差額 5.5万円

利息の差額
利息の差額は5.5万円

任意整理をしたときに支払わなくてよくなる金額

先程の計算でいくと、26万円から6万円と5.5万円を引いた14.5万円が任意整理をした場合に支払わなくてよくなる金額となります。

この14.5万円を、任意整理したときのデメリットと比較して考えます。

金額との比較ポイント

以下、任意整理をした場合のデメリットになりますので、支払わなくてよくなる額と比べた時にどちらをとるかを考えていきます。

  • 5年間、信用情報(ブラックリスト)に任意整理をしたという情報が記録され、そのあいだはクレジットカードも作れないし、ローンも組めない。スマホの分割払い等も怪しい
  • 任意整理をした債権者(業者)とは一生ローンやクレジットカード等の信用取引ができない可能性が高い。※銀行相手で任意整理をしても、口座は作れる
  • 債権者が任意整理に『絶対に応じる』という保証はないし、任意整理の交渉をした瞬間に訴訟を起こされる場合もある。※金融業者により訴訟を起こす等の対応方針が決まっている場合が多い。
  • 少なからず時間や手間というものがかかる。借り換えまでしようものならさらにかかる。

 

下記は人にもよりますが、言い方を変えればメリットともとれることです。

  • ブラックリストに記録されることにより、あらたな借入が難しくなり借金が増えにくい

まとめ

  • 今のまま返済を続けたときにかかる利息を計算
  • 手数料等の任意整理をしたときのコストを計算
  • その差額と任意整理をした時のデメリットを比べる

 

簡単に比較するポイントをまとめるとこんなところでしょうか。それぞれの借金や支払いっている環境によって違いますので、比べてその結果をどうとらえてどうするかは自分次第です。

ただ、一つだけ注意しなければいけないことがあります。

任意整理をしないを選んだ場合、きちんと返済計画通りに借金を減らす必要があります。予定通りに借金が減らなかったり、あろうことか私のように借金額が増えてしまっては、この比較は全く意味のないものとなります。

自己管理が苦手、もしくは出来ないようであれば、新たに借入することを難しくするためにも任意整理をする、というのも借金をうまく返済する方法になるかもしれません。

スポンサーリンク

この結果から考える

任意整理をして14.5万円を減ることと、任意整理をしたことによるデメリットを比べた場合、私はしない方を選びます。現状でも支払いが可能であるということ(支払い額を下げたい訳ではない)と、手間や時間と今後のことを考えるとちょっとデメリットの方が強いかなと思ったからです。

というわけで私は一旦、任意整理は借金返済において選択肢から外しますが、今後、次の条件に当てはまった時には、任意整理をしてしまった方がいいように思います。

  • 一年後に借金が増えている
  • 借金が150万円をこえる

借金が減らない、もしくは増える以上はデメリットどうこうの前にまともに返済ができないということなので、その時は任意整理に助けを求めようと思います。

あとは考えたくありませんが、お小遣いがさらに減って支払いが出来なくなったときも任意整理をして月の返済額を下げるくらいしか、家族に隠れて返済する方法は思いつきません。

 

街角法律相談所

スポンサーリンク


ブログランキングに参加してます!
もしよければ清き一票(応援クリック)お願いします!
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ