借金地獄抜け出す方法
このままでは借金地獄から抜け出せない

借り入れして返済してはまた借り入れして。

自転車操業に陥ってしまうと、借金地獄が一生終わらない気がしますよね。

かつては私もそうでした。

それでも今では借金もなくなり、なんとか通常の生活に戻ることができました。

この記事では私が実際に借金地獄から抜け出した方法を解説しています。

借金地獄に陥って抜け出せず、希望を見失ったあなたの力に少しでもなれたら幸いです。

手取り早く借金地獄から抜け出すなら債務整理

借金地獄早く抜ける債務整理
自転車操業に陥っている人は、自力で返済して完済するのは難しい状況の可能性が高いです。

その場合、債務整理を行うことが借金地獄から抜け出すためには手取り早いです。

債務整理とは?

借金を減額したり無くしたり、支払い額を調整猶することができる法的な手続きのことです。

任意整理、個人再生、自己破産という手続があります。

  • 任意整理:借金の元金のみを返し、利息分は免除してもらえる可能性をもつ
  • 個人再生:家、車以外の借金を大幅(最大1/5)に減らせる可能性をもつ(家や車を手放せない人向け)
  • 自己破産:全ての借金を無くせる可能性をもつ

個人再生や自己破産は効力が高いものの、その分デメリットも大きくなります。

例えば、任意整理であれば債権者(借りてる相手)との直接のやりとりになりますが、個人再生や自己破産は法廷を通すことになるので「官報」という誰もが閲覧可能な国が発行する雑誌のようなものに以下の情報がのります。

  • 住所や氏名などの個人情報
  • 個人再生や債務整理を行なった記録と日付け

以前は官報なんて普通の人は見ないから大丈夫と言われていましたが、2019年の3月に事件がありました。

破産者マップというサイトが公開されて1年以内に個人再生、自己破産を行なった人の住所と氏名が地図上に表示されてしまったのです。

数日でサイトは閉鎖されましたが、実際にこういったことが起こったというのはデメリットでしょう。

※任意整理は法廷を通さず官報にも乗らないので、自分で言わなければ誰かに知られる可能性はかなり低いです。

>>破産者マップに踊らされないよう要注意!どこまで信じるかはあなた次第


個人の状況にもよりますが債務整理はあくまで法が定めた救済処置なので、それ以外でデメリットは少ないです。

クレジットカードの発行や新たな借り入れ、各種ローンを7年~10年ほど組めないなどがありますが、借金を返せなければどのみち行えないことなので。

自己破産も、条件さえ整えば配偶者に内緒で行うことすら可能です>>【体験談】夫に内緒で自己破産は出来る!主婦の妻が隠れて破産するまでの記録


特に任意整理は身内にもバレずに行なっている人はたくさんいます。

自己破産の申し立て件数が年間で6万件を超えているので、自己破産よりも手続きの敷居の低い任意整理はそれ以上の人数になると予想できます。※裁判所が関与しないので正式な数は不明

ただ、いきなり債務整理と聞いてもよく分からないと思うので、まずはどれくらい借金が減らせるのかシミュレーションをして確かめてみると良いでしょう。

匿名で診断可能↓





とはいえ、債務整理はせずにどうにか自力で返したい。という人もいるでしょう。

以下の条件にあてはまれば自力での完済も目指せるかもしれないのでチェックしてみてください。

  • 無駄遣いが多い
  • 収入を増やせる

詳しく説明します。

無吉無吉

薄々感づいているかもしれないけど、すでに生活を切り詰めて限界まで働いていても借金が増えているような状況だと、自力での返済は難しいかも。

無駄遣いが多い場合は自力で借金が返せるかもしれない

無駄遣い改善借金地獄脱出
無駄遣いが多ければ多いほど、節約すれば借り入れをせずに返済し続けられるかもしれません。

ただし、浪費を自力で抑制するのはかなり厳しいです。

一生無駄遣いをしないという強い覚悟と、家計簿をつけるなどの細かい作業の継続が必要になります。

借金を完済するまでは生きていく上で必要な出費以外を使うのは論外として、さらに生きていく上で必要な出費すら節約する必要があります。

  • スマホ代
  • 食費
  • 飲み物代

このあたりは一度、見直しましょう。

私は節約のためにお昼ご飯はベビースターラーメンを食べたりしていました。

一回ごとの金額は少額でも、毎日かかるコストは節約できると大きいですよ。

節約の詳細に関してはこちらのカテゴリーをご覧ください>>節約カテゴリー

収入を増やせば自力で借金を完済できるかもしれない

収入アップ借金地獄脱出
収入を増やすことにより自転車操業から抜け出して借金を完済できるかもしれません。

収入を増やすポイントは大きく2つで、

  • 昇給して給料をあげる
  • バイトや副業で収入をあげる

があります。

昇給して給料をあげるというのは難しいかもしれませんが、バイトなどの副業で収入をあげるのは誰でも簡単にできるかと思います。(勤め先が副業禁止などを考えなければ)

例えば休みの日だけでも月に3回ほど日払いのバイトをすれば2~3万円にはなりますし、平日でも夜や早朝などにバイトすればもっと稼ぐことも可能です。

>>【イベント会場設営】東京で軽作業の日払いバイトをしてきました


また最近ではUber Eatsやクラウドソーシングなど隙間時間で働ける方法もあるので、副業としても稼ぎやすい時代になっています。

行動さえすれば、収入をあげるというのは決して難しいことではないでしょう。

副業について詳しくはこちらのカテゴリーをご覧ください>>副業カテゴリー

節約や収入を増やせば借金せずに生活できるかどうかが基準

債務整理自力返済選択基準
節約をしたり収入を増やしてもまた借金をしてしまったら意味がありません。

重要なのはあくまでこれから借金せずに生きていけるかどうかです。

節約をしたり収入が増えればあなたは新たに借金せずに生きていけますか?

生きていけないようであれば、残念ながら借金地獄からぬけだせません。

ただ、新たな借り入れをせずに返済をしていけるのであれば、遅かれ早かれいずれ借金は無くなります。

新たな借り入れをしないで生活できるかが、自力で借金を返せるかどうかの基準となります。

借金地獄から抜け出すための方法のまとめ

厳しいことを言えば、借金で苦しんでいるのに行動ができなければ、借金地獄から抜け出すことは不可能です。

今の状況で借金地獄から抜け出せないのであれば、節約でもバイトでも何かしら行動するしかないので。

ただ、返せるからといってもあまりに時間がかかるようであれば債務整理を視野に入れた方が良いかもしれません。

7~10年経てば信用情報から債務整理の記録が消えて、ローンを組んだりクレジットカードを発行したりすることもできるようになるので、自力での返済がそれよりもかかりそうなのであればデメリットを加味しても債務整理をした方が借金地獄から抜け出すのが早いかもしれません。

どちらにしろ、債務整理した場合、自力で返済する場合、どちらの場合のシミュレーションもした方が良いでしょう。

匿名で診断可能↓

>>借金150万円は任意整理のボーダーライン!検討するべき理由

あなたが借金地獄から抜け出せることを願っています。