やってはいけない方法
背に腹は代えられない…

と思った時でも、絶対にやってはいけないお金を用意する方法があります。

もしもこの記事に書いてある方法でいっときを乗り越えたとしても、のちのち辛い思いをして後悔する日がくる可能性が限りなく高いです。

どれだけお金に困っても、ここに載っている方法は極力避けるようにしてください。

お金が無くても絶対やってはいけない方法

闇金での借入

どれだけ困った時でも、闇金での借入はしてはいけません。

理由は簡単で、借りる前よりもキツイ状況にしかならないためです。

闇金はそもそも法律を守っていないので、当然ながら取り立てる時も法律を守らない可能性が非常に高いです。

金融業者では法律で禁止されているような厳しい取り立てや、場合によっては実害を受けることもあるでしょう。

闇金にお金を借りても借りる前よりも良くなる未来は絶対に待っていませんので、借りるのは絶対にやめてくださいね。

もしも闇金に借りざるを得ない状況なのであれば、あなたに必要なのは法的手段で借金を無くす(減らす)可能性のある債務整理です。

どうにもならない場合は闇金に助けを求めるのではなく、弁護士に助けを求めましょう。

匿名で診断可能↓

借金減額シミュレーターについて詳しくはこちらをご覧ください>>債務整理診断シュミレーターは東京ミネルヴァ法律事務所がオススメ!?

クレジットカードの現金化をしてくれる業者に頼む

クレジットカードの現金化をするサービスの流れは以下になります。

  1. クレジットカードでアマゾンギフト券を購入
  2. 業者に売る(ギフト券のナンバーを教える)
  3. 手数料や還元率が引かれた分の現金が入金される
    (還元率80%であれば、1万円分で8千円の入金)

以前は現金化のサービスを提供している会社が運営するサイトでクレジットカードを使って物を買ったりする方法などがありましたが、最近ではアマゾンギフト券を使った現金化が主流になって簡略化されているようですね。

ただし、利用するのはオススメしません。

というのも、このサービスを使うメリットがないためです。

このサービスを提供している会社も利益がなければ意味がないので、どこかで利益が発生しています。

別途「手数料」といった名目などで徴収していることが多いようですね。

どちらにしろクレカの規約を破るのであれば、自分で現金化をしてしまった方が手数料などの業者の利益分が得になります。

クレジットカード現金化のなかには「還元率100%」と宣伝しているサービスもありますが、そんなことはまずあり得ません。

手数料という形で別途請求されたりするので、もしも利用するのであればあくまで自己責任で使いましょう。

クレカの現金化は禁止

そもそもクレジットカードの現金化は利用規約で禁止されていて、バレた場合はクレカの解約の可能性があります。業者を利用しても個人で行なってもリスクは同じです。

ギャンブルに手を出す

増えるか増えないか確実で無いギャンブルに手を出すのは絶対にやってはいけません。

そもそも勝てる可能性が低いのは身をもって実感しているかと思いますが、手をだしても当然ながら負けてお金がなくなり、今よりも辛い状況にしかなりません。

勝てないとわかっているギャンブルにすがってでも増やさなければいけない状況なのであれば、自分の力でどうにか出来るレベルは通り過ぎてしまっている可能性が非常に高いです。

お金が無くても注意が必要な方法

ここからは行うにしても注意が必要な方法を説明します。

とはいえ基本的にオススメはできませんので、ご注意ください。

パパ活

女性がパパを見つけてお小遣いをもらったり物を買ってもらったりします。

身体の関係がある場合もあれば、ご飯に付き合うだけなどライトな関係まで幅が広いです。

パパ活サイトなどもあり流行っているパパ活ではありますが、もちろんリスクもあります。

もしも何かあっても、誰も守ってくれません。

パパ活サイトやアプリなどもあくまでマッチングをするだけで、その後に何かあっても責任をとってくれる訳ではありません。

何かトラブルが起こってからでは手遅れです。

サイトによっては登録するのに身分証の提示が必要であったりと安全性が確保されている風ではありますが、あまりオススメしないお金稼ぎの方法です。

個人的には援助交際の呼び方が変わっただけの印象を受けます。

あやしい高額バイトには危険が潜む

高額バイトはたくさんありますが、怪しいものには危険が潜みます。

怪しいか怪しくないかの目安は募集先の企業で選べば良いでしょう。

例えば治験や特殊清掃(俗にいう死体洗い)といった高額なバイトは、募集先のことをインターネットで調べるとある程度の判別がつきます。

利用する前に調べておきたいこと

  • 所在地:オフィス街などの家賃が高そうなところであればあるほど安心(資本や資金が無いと入居が難しいため)
  • 取引先や銀行:大手銀行などと取引していれば安心材料になる
  • 他:会社の店舗数や規模や、サービスの口コミや評判など

大手であればある程度の安心、安全が確保できる可能性が高いです。

会社の代表者名で検索してみたり、会社の資格の免許番号などが事実かどうかを確認すればさらに信頼度が上がります。

というよりも、安全との判別がつかないところではやらない方が良いです。


世のなかには危険なアルバイトも存在します。

あくまで都市伝説レベルの例えですが、闇金全盛期には「闇金狩り」と呼ばれるバイトが存在しました。(今もあるかは不明です)

人からの紹介でのみ働けるバイトでしたが、発注元は弁護士事務所や法律事務所とされていましたが、怪しいバイトでした。

というのも業務内容が闇金に届く郵送物やゴミを盗むといった内容だったためです。

確かに給料は1回につき数千円~数万円ほどだったので効率の良いアルバイトではありますが、見つかったときのことなどを考えるとリスクが大きすぎますよね。

また、本当に法律事務所などが依頼していたかも分かりません。

闇金の同業他社が顧客を横取りするために行なっている可能性もありますので…

後々リスクを追わないためにも、高額バイトは疑ってかかるくらいがちょうどよいですよ。

最後に

もしも背に腹が変えられ無い状況になっても、上記の方法に手を出すのは危険です。

実際に手を出すまえに、もしその方法をとった時の起こり得る最悪の状況を想像してみてください。

今よりも辛くなる可能性が限りなく高いですよ

お金に困ってどうにもならないのであれば危険な方法を選ぶのでなく、前に進むために法律事務所に相談してください。

匿名で診断可能↓

借金減額シミュレーターについて詳しくはこちらをご覧ください>>債務整理診断シュミレーターは東京ミネルヴァ法律事務所がオススメ!?