やめておけば良かった・・・

給料日直後にギャンブルや支払いで一円も無くなってしまうこと、ありますよね?

これから次の給料日までを想像すると。恐怖と不安で押し潰されそうになってしまうものです。

この恐怖ばかりは何度繰り返しても慣れません。

ダサオダサオ

繰り返さなければいいだけの問題なんだけど、難しいよね

とはいえ、とりあえず次の給料日までなんとか持ちこたえなくてはいけないので、乗り越えるための方法を書いていきます。

支出は徹底的に減らす

食費を極限まで減らす

1ヶ月も食べないのは難しいので、何かしらを食べる必要がありますが、極力お金を節約しなければなりません。

オススメは白米です。

安いお米(5kg/1,000円くらい)を購入し、食べましょう。

お昼もおにぎりにして持っていけばさらにお金はかかりません。

しかし、1ヶ月ものあいだをお米だけで過ごすのはキツくなってきます。

そこで夜に麺類を取り入れてみましょう。

オススメは素麺です。一食だけ米から麺に変えるだけでも、だいぶ楽になります。

支払いをなんとかする

1ヶ月も期間があると、家賃やクレジットカード等の支払いがあるでしょう。

高額であればあるほど短期間ではどうにもできない可能性が高いので、さっさと払えない旨を伝えてしまいましょう。

大切なのは払える日を伝えておくことです。

次の給料日直後の確実に払える日取りを決めて約束しましょう。

遅れるのが初めてであり、支払いの期日をきちんと決めるのであれば、待ってくれる可能性があります。

これを先延ばしにしてしまうと、恐怖や不安を抱え続けることになります。

厳しいことをいいますが、借金を除くとこれらを全て支払えるだけのお金を用意することはかなり難しいです。

必ず先に伝えておくようにしましょう。

心が折れそうな場合のことを想定しておく

この極貧生活を続けていくと、心が折れて自暴自棄になることがあるかもしれません。

一瞬だけ『もういいや!』となってしまっただけでも取り返しのつかないことになってしまうことがあるので、その時の逃げ道を決めておきましょう。

例えば、我慢ができなくなってしまった時は甘いお菓子を買って食べて冷静になってみる等です。

自暴自棄になって全財産使い果たしてしまったり、何も考えずに借金をしてしまうと取り返しのつかないことになります。

仕事等や生活で必要な最低限の金額を計算しておく

例えば仕事にいくための交通費だったりと、絶対に必要なお金もあると思います。

ざっとでかまわないので先に計算しておきましょう。

最低限必要なお金だけは用意できないと、何もできなくなって本当に焦ってしまいます。

とりあえず今回は、食費を合わせて1.2万円必要と仮定します。

米は1合で150gくらいなので、朝にご飯茶碗一杯とお昼におにぎりを持っていくとして、月に4.5kgほどになります。

調味料はある物を使うとして、とりあえず塩を少々です。こればかりは給料日直後にやらかしてしまった自分を恨むしかありません。

  • 安めの米5kgで約1,000円

素麺を一食100gとして、夜だけ食べます。

月に3kgほど必要になりますが、安いのであれば1kg240円くらいで売ってます。

  • やすい素麺を3kgで720円くらい。麺つゆ1ℓで270円くらい。合計で約1,000円

飲み物は水道水とします。

その他、生活必需品や仕事で必要なお金、1.2万円といった内容で考えていきます。

※今回は1ヶ月間耐えるためだけの食生活で進めていますが、当然ながら本来は体のことを考えて野菜やタンパク質も摂るべきです。

生活費を捻出する

持っている物を片っ端から売る

まずはこれが確実です。

今回のことで待ってもらった支払いなどを次の給料日直後にすると、来月も生活が厳しくなることは当然です。

そのため、『物を売る』などの後々に返す必要のない方法でお金を用意するのが一番良いです。

お金を借りるという選択肢もあり

確実に返せる場合のみ、選択肢としてありです。

ただし、返済したあと(来月)の生活費まで考えてください。

当然ながら返済すればまた厳しい期間がやってきます。

そこを乗り越えられる、もしくは乗り越えるあてがある場合のみ利用しましょう。

そこさえ乗り越えられるのであれば、

  • 即日融資OK!
  • WEBで完結!
  • 35日間利息無料!

といった貸金業者もあるので、次の給料日で返してしまえば利息を払わずに借りることができます。

ただししつこくて申し訳ありませんが、もう一度繰り返します。

返済したあとに少なくなったお金で来月を過ごせるかどうか?

これだけはきちんと考えてから借りましょう。

日払いのバイトで稼ぐ

先ほど、後々に返す必要のない方法でお金を用意するのが一番良いと書きましたが、その観点からいくと日払いのバイトもオススメできます。

1.2万円ほどであれば、2回ほどのバイトで稼げる可能性が高いですし、うまく夜勤や時間の長い現場等に入れれば、1日で稼げることもあります。

注意事項としては即日払いに対応しているかどうかを確認することです。

即日払いと日払いの違い

即日払いであれば働いたその日に給料をもらえますが、日払いだとその日とは限りません。
同じ意味で使われていることもあるので、事前に確認しましょう。

ただし、どうしても丸々1日や2日を必要としてしまうので、オススメ度としては少し低くなってしまいますが、時間さえあれば確実です。

買える物はバンドルカードアプリの後払い機能で買ってしまう

バンドルカードアプリという、ダウンロードするだけでVISA対応のWEBショップで使えるクレジットカード型アプリがあります。

基本的にはチャージをして使うプリペイド形式ですが、2万円までは後払いで利用することが可能です。

そのため、食材等はこの後払い機能を使ってアマゾンや楽天などのWEB上で購入してしまうこともできます。

非常にお手軽ではありますが、使用額によって手数料が400~800円までかかるので、無利息でお金を借りた方が手数料分は安くなります。

バンドルカード:誰でも作れるVisaプリペイドカードアプリ

バンドルカード:誰でも作れるVisaプリペイドカードアプリ
開発元:Kanmu, Inc.
無料
posted withアプリーチ

バンドルカードについて詳しくはこちらの記事をご覧ください。>>【バンドルカード】クレジットカードが作れない人も使えるVISAカードアプリ!

給料日までの1ヶ月を乗り越えるために

これから1ヶ月は長く厳しい戦いになると思います。

それでもあなたが諦めずに乗り越えられることを陰ながら祈っています。

難しいのですがコツはどんだけ辛くても、来月のことをきちんと見据えて過ごすことです。

そしてこの辛さを忘れずに、もう給料日直後にお金をなくすようなことは繰り返さないでくださいね。