みなさまこんにちは、ダサオです。

もともとヘビースモーカーだった私がタバコをやめた理由は2つあります。

今ではやめてよかったと思っていますが、せっかくなのでその理由をご紹介します。

やめようか迷っている喫煙者の人の、少しでも参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

お金の問題

私は借金をどうにかしようと思い、返済をまともにするために買わなくなったというのが一番の理由です。

タバコ代というのはみなさま分かりきっていることかとは思いますが、本当に大きいです。

 

徐々に値段もあがり、今では1日に1箱でも月に1.5万円近くかかります(低価格タバコ除く)。当然ですが吸う本数が増えれば増えるだけお金もかかります。

それが無くなったので、今では借金の返済がかなり捗っています。

借金がない人はタバコ代が浮けば、他のことにお金を使うも良し貯金をするも良し。

吸っている期間が長い程、長い目で見れば見るほどに大金となります。

ダサオダサオ

僕は概算で数百万円をタバコで使っていたみたいなんだけど…

考えたこともないという人は、今までのタバコ代とこれからかかるタバコ代を計算してみて下さい。

さらに値上げが控えてるってんだからおそろしいです…

吸う場所を探す必要がない

借金は内緒なので、タバコをやめた理由を聞かれると『タバコを吸う場所を探すことに疲れた』と答えていますが、これも私の中ではお金と同じくらい大きな理由です。

年々タバコを吸う場所が少なくっていき、今では受動喫煙の観点からか外の喫煙スペースもかなり少なくってきました。

特に都市部ではその傾向が顕著にみられます。

 

タバコを吸う場所を探すだけで時間もかかるし見つからなければイライラ。

なかにはタバコを吸うためだけに、そもそも入る必要の無いデパートの7.8階あたりの飲食店街の喫煙ルームに行ったことがある人もいるのではないでしょうか?

私はしょっちゅうでした。

 

都市部に子供と買い物に行ったにも関わらず、タバコを吸いたくなったためにデパートの喫煙ルームに入り子供を外で待たせていた時には、『何をやってるんだろう』と心から思いました。

思えば禁煙を意識しはじめたのはこれがキッカケかもしれません。

 

やめてからは喫煙所を探すということが無くなったので、快適な生活を送れるようになりました。

そもそも喫煙所を探さないので探すことにイライラしません。

 

喫煙所の場所が分かっていても移動するのに時間もかかりますし、近い距離だとしても塵も積もればなんとやらで、いずれは大きな時間となります。

私も以前は、タバコを吸いながらスマホをいじってニュースとか見ていたので、別に時間を無駄にしていない。と、思っていましたが、実際は移動する時間もありますしタバコを吸いたくて集中力が切れていただけということに気づきました。

今では途切れない分、以前よりも仕事の効率がだいぶあがったと確信しています。

スポンサーリンク

最後に

簡単にいえば禁煙したことにより、お金と時間を手に入れられたんだと思っています。

いや、失っていたお金と時間を取り戻したといった方が正しいかもしれません。

 

よく喫煙者の方が、喫煙所で生まれるコミュニケーションもあると言っているのを聞きますが、私はタバコを吸っていた時からちょっと考え方がひねくれていて、『それ、タバコ吸わなくてもできるよね?』と思っています。

そこまでコミュニケーションを求めるのであれば、タバコを吸わなくても喫煙所いけばいいのにっていう考えです。

『吸わないけどタバコの匂いが好きなんです!』とか言ったり、何だったら電子タバコでも持ち歩いていればいいのではないでしょうか?

 

ダサオダサオ

やめてからも喫煙所に行ってもいいんだよ!!さんざん吸ってたのにいまさら副流煙もクソもないから平気平気!

かなり脱線しましたがこの辺で、もしも禁煙を目指している人の少しでも参考になれば幸いです。

それではみなさま、よい禁煙生活を!

スポンサーリンク


ブログランキングに参加してます!
もしよければ清き一票(応援クリック)お願いします!
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ