オリンピックで荒稼ぎアイキャッチ
東京オリンピックが近くづくにつれて日増しに都内を訪れる外国人数が増えています。この数字はオリンピック後も増え続けることが予想されています。

このとき必要な存在がタクシードライバーです。外国人が最も利用しやすい交通手段であるタクシーの運転手は、今まさに引く手あまたの状況です。

歩合制でお客さんを乗せれば乗せるほど稼げるタクシー運転手は魅力が満載です。これからタクシードライバーへの転職を考えている人に向けて、この職業の特徴や魅力、リスクなどについて解説していきます。

タクシードライバーに興味があればタクシー会社就職支援サイト「たくサポ」が便利↓

※完全無料で利用できます

高まるタクシードライバーの需要

タクシー需要増える

東京都に来る外国人数が爆発的に増加

2020年の東京オリンピック開催に向けて、今タクシー業界が非常に盛り上がっています。

東京都は、都内を訪問する外国人数を2020年までに2500万人にするという目標を掲げています。

東京オリンピック観光客増加目標数

2017年の実績では1377万人ですので、これは大幅な増加です。

さらに2020年のオリンピック後も数値目標は継続されて、2024年には3000万人が予定されています。

無吉無吉

オリンピックの時だけ人が増えて終わりじゃなくて、これをきっかけに再び観光などで訪れてくれることを見込んでいるよ!

わずか7年で倍以上の外国人が訪れることが目標とされています。このとき大事になってくるのが交通機関としてのタクシーです。

海外の方にはタクシーが最も安心で便利

観光で日本に初めて来たような場合、電車やバスは分かりにくいです。しかしタクシーであれば、乗車して目的地を伝えるだけでそのまま連れて行ってくれます。

今では英語研修にも力が入れられていて、必要最低限の英語力を持ったタクシードライバーが増えています。おすすめの観光スポットなど外国人に伝えて連れて行ってあげられるドライバーは、指名が入ることもあるほど人気が高いです。

タクシー業界では外国人対応の研修に注力

東京タクシーセンターでは、外国人への接客力を向上するために「外国人旅客接遇研修」が実施されています。

これは前述した観光立国の促進に向けた外国人の受け入れを積極的に行える体制を確保すべく、企画されている研修です。羽田空港の発着枠が増えて、そこへのアクセスにタクシーを使う外国人が多くなっています。

業務を行いながら学べるので身に着きやすい

各スポットをつなぐメインの交通手段としてタクシーが不可欠なものになります。そこで実際のロールプレイング(実際の場面を再現した練習)を通した研修が行われています。

外国人の習慣や日常的な会話にいたるまで実際に業務を行いながら学びます。ICレコーダーの持込が許可されているため、受講者は当日の様子を録音しておいて、後日、発音などを真似ながら独学に励むことも可能です。

受講料は半日で2700円(税込)と安価に設定されています。これから東京でタクシー運転手として活躍したいと考えている人には、こういった研修を通して必要な英語力を身に着けるのがおすすめです。

無吉無吉

英会話教室に通わずに安く英語が学べるのはありがたいね!

タクシードライバーに興味があればタクシー会社就職支援サイト「たくサポ」が便利↓

※完全無料で利用できます

地方より都内のタクシードライバーのほうが年収が高い

都内地方タクシードライバー年収比較

東京都のタクシードライバーの平均年収は地方よりも高く、平成29年で419万円となっています。地方では300万円程度が平均なので、いかに都内のタクシードライバーが有利かが分かります。

有利な理由はやはりタクシーの利用者が多いことです。平成28年の実績では、約3億1,100万人が利用しています(都内の年間利用者延べ人数)。1日当たりの利用者は全国で308万人のうち、都内だけで約85万人になります。

タクシーの利用者数都内全国比較

これだけ多くの利用者がいるからこそ、東京ではお客を確保しやすく儲けを上げやすい状況があります。

もちろんたくさんのお客を乗せるためのノウハウや、先にも挙げたような外国人観光客へのホスピタリティーなど、知識を持っていたり努力をしたりしているドライバーはより多くの客を乗せて年収が1000万円にも及びます

無吉無吉

社歴や年齢に関係なく、売り上げ次第で高収入を目指せるのは魅力的だね!

タクシードライバーは給料が高いわけではない

都内のタクシードライバーの平均年収は419万円となっていますが、都内の平均年収は685万円なので高いとはいえません。(都内全産業男性の平均)

都内の平均年収タクシードライバー他産業比較

ただしタクシードライバーは歩合制のため、年齢や経験年数に給料は左右されません。そのため若ければ若いほど、同年代と比べた時の年収では高くなります。

後述しますがタクシードライバーはキャリアアップとして会社から独立して個人タクシーを目指すことが多いので、稼げない業種というわけでもありません。

またタクシードライバーになるのに「経験・年齢・学歴不問」というタクシー会社がほとんどなので、学歴を絞って考えた場合も平均年収としては高くなります。

タクシー業界全体から人材が求められている

タクシードライバーの平均年齢が58.4 歳と高齢化が問題視されています。

タクシードライバー平均年齢推移グラフ

2020年に定年を迎えるドライバーも多いことから、新規参入が業界からも望まれています。

普段から利用者が多く有利な東京では、オリンピックイヤーにはさらに爆発的に増えることが予想されています。観光目当てのため、色々なスポットを巡るのにタクシーを利用することも多いでしょう。

新たに始めてまだお客確保のノウハウが未熟な人であっても、熱意があればそれこそ普通の会社員では考えられないくらいに稼げる可能性があります。

未経験でも実力次第で大きく稼げる

ドライバーによって売り上げに差が出る業界ですが、それは勤続年数に比例するかというとそうではありません。より効率よくお客を回したりお客に満足してもらえるサービスを提供するための努力をしたり、こういったことをしているドライバーが年齢を問わず稼げるようになります。

特に新規参入でも利益を得やすい根拠として、タクシー業界は新卒で始めた方の離職率が低く年収も普通の会社員に比べて高いことが報告されています。

新卒の離職率は10%です。他産業では30%ですから、これは非常に低い数字です。

平成29年の平均給与は334,300 円(月給)です。東京都の新卒学生の平均初任給が214,900 円ですから、10万円以上も高いことが分かります。

このように勤続年数に左右されにくいのがタクシードライバーの年収の特徴なので、転職して新たに始めた人がいきなり高給取りになるということも充分に考えられます。

タクシードライバーに興味があればタクシー会社就職支援サイト「たくサポ」が便利↓

※完全無料で利用できます

タクシードライバーになる魅力

タクシードライバー就職魅力
タクシードライバーの魅力は、もちろん収入だけではありません。この項目では、タクシードライバーに転職すると得られる魅力について紹介していきます。

やったらやったら分だけ稼げる

タクシードライバーは仕事として安定しているといえます。交通手段ですから景気の波に左右されにくいです。

法人タクシーであっても基本的には歩合制なので、売り上げを上げた分だけ給料に反映されます。会社員だとかなり残業を頑張っていても、必ずその全てに手当てがつくわけではありません。

公務員であっても残業代が全て払われないことがあります。しかしタクシードライバーは売り上げを上げた分は給料として返ってくるのが魅力です。

リスクがあるからこそのメリット

会社によっては年齢に応じてサボっていようといまいと、給料は上がっていきます。

仕事を頑張っている人もいない人も、もらっている給料は同じなケースは多々あります。タクシードライバーは頑張れば給与の面で同年代の年収を遥かに凌駕できる可能性がある一方で、サボれば一気に下がってしまうリスクがあります。

このようにリスクがある分、頑張った分だけ返ってくるというメリットが存在します。毎日やる気に満ち溢れた人に向いている職業です。

学歴無関係の実力主義

タクシー業界は学歴が全く関係ありません。良い大学を出ているから出世が早く高給取りなどということはなく、中卒でも接客や運転、営業について実力があれば、学歴がある人よりも遥かに稼げます。

実は対人関係のストレスが少ない

客商売なのでコミュニケーションのストレスに不安を感じる人がいます。しかし一般的な職業に比べて逆に人間関係にストレスを感じにくいです。

客商売ですが苦手な人とは別に無理に会話をしなくても良いです。お客さんと喋るのは義務ではありませんし、喋りたい人ばかりではありません。

お客さんから喋りかけてくればもちろん対応するべきですが、こちらから話さなければならない決まりはありません。喋らないからといって「なんだつまらないな」とクレームを寄せる人は普通はいません。

他の仕事だと嫌いな人ともコミュニケーションを取って、仕事をしなければならないことにストレスを感じる人がよくいます。しかしタクシーは1人でやるものですし、苦手なタイプのお客さんとは会話をしなくても良く、毎日一緒にいることはあり得ないので人間関係が楽だといえます。

コミュニケーションにストレスを感じやすい人には、むしろおすすめの職業です。

自由な時間が多い

時間を自由に使えるのも魅力です。お客さんを乗せていないときは好きな音楽やラジオを聴いたり、音声による勉強に励んだりといったことが可能です。

後述する隔日勤務の場合には月に18日程度の休みがあるので、比較的に時間が取られる趣味や娯楽も心置きなく楽しめます。

もっと自由に働きたい、という人に選ばれる仕事です。

素敵な人と出会える

お客さんには色々な属性の人がいます。東京なら有名人を乗せることもありますし、何か夢を持って生きている人も多いです。

会社勤めをしていると毎日決まった人としか顔を合わせることがなく、なかなか人脈は広がりにくいです。しかしタクシードライバーをしていると、思わぬ幸甚が訪れて素敵な出会いができることがあります。

お客さんと親しくなりやすい特別な空間

タクシーとは不思議なものでお客はかなりプライバシーに関わることも、安心して話してしまいやすいです。そうなると一気に関係が親しくなって、ただのドライバーと客の関係ではなくなり、友人になったり恋人へと発展したりすることもあり得ます。

車は狭い空間ですがそこで出会う人の可能性は無限大に拡がっています。まさにドラマのような展開が起こり得るのも、タクシードライバーの魅力です。

タクシードライバーに興味があればタクシー会社就職支援サイト「たくサポ」が便利↓

※完全無料で利用できます

タクシードライバーの労働形態

タクシードライバー労働時間

よく終電を逃した人が仕方なくタクシーを利用するシーンがあります。友だちや同僚、恋人と楽しみすぎてしまってついつい終電を逃してしまう人は、金曜や土曜を問わず毎日います。

このときに気づくのがタクシードライバーは夜通しで働いているな、ということです。もちろん日勤の方もいますが、このように日をまたいで長時間営業する形態が、収入を上げやすく人気があります。

代表的なのが「隔日勤務」

昼から夜をまたいで働く形態を隔日勤務といいます。隔日勤務については労働時間が長くなりやすいです。厚生労働省によって制限が設けられていますが、それでも最長21時間の勤務が可能です。

そして特徴的なのが勤務後20時間以上の休息が義務付けられていることです。そのため隔日勤務をしたら、必ず1日か2日休みになります。

月に18日も休みが持てる

月の勤務回数でいうと12回程度、休みは18日ほどとなります。

月に18日も休みがあったらかなり楽そうだな、と感じる人が多いです。しかし拘束時間でみると21時間×12日で252時間となります。

なので時間的には決して楽ではありません。ただし隔日勤務に慣れると18日も休みがあるので、こんなに良い生活はないと感じる人も多いのは確かです。

また、夜間の方が割り増しなどもあるため稼げる傾向にあるので夜間勤務や隔日勤務が人気となっています。

参考:厚生労働省 タクシー運転者の労働時間等の改善基準のポイント(全体版)

タクシードライバーに興味があればタクシー会社就職支援サイト「たくサポ」が便利↓

※完全無料で利用できます

タクシー運転手になるのに必要なもの

タクシードライバー必要物資格

タクシードライバーになるために必要なものは「普通自動車第二種運転免許」です。これがないとタクシーを運転することができません。

普通自動車第二種運転免許

普通の自動車に乗るために取得している免許証は、「普通自動車第一種運転免許」です。

この第一種免許は18歳になれば取得できます。そのためよく大学受験を終えた高校生が教習所に通って免許を取ります。

二種免許はこの一種免許の取得から3年以上経過しないと取れないという条件があります。つまり早くても21歳以上でなければ取得できません。

二種免許がなくても就職は可能

二種免許を持っていないとタクシー会社に就職できないか、というとそうではありません。二種免許の取得費用を就職後に会社が補填してくれるケースが多いです。(教習所に通っている間もある程度の給料が発生します)

一種免許の取得から3年以上が経過していれば、二種免許を取得しないままに転職も可能です。そして採用された後に会社に費用を持ってもらって二種免許を取得すれば良いわけです。

もちろん転職してすぐに運転手として活躍したいということであれば、現在の仕事を続けながら自分で費用を負担して二種免許を取得するのもアリです。

無吉無吉

費用を出してもらえる方がありがたいけどね!

タクシードライバーとして働くまでの流れ

働くまでの流れ

タクシー会社も他の会社も実際に就業するまでの流れに大差はありません。以下にそのおおまかな流れをみていきます。

説明会

まずは就職や転職を考えているタクシー会社の説明会に参加します。実際に自分が働く会社の雰囲気やタクシードライバーの具体的な待遇、勤務条件などを知るためにも参加しておいたほうが良いです。

面接

タクシードライバーだからといって、特別な運転技術のテストや接客能力判定などが行われることはありません。やはり一般的な会社のように履歴書や職務経歴書を提出して面接を受けます。

面接から1週間以内には採用の可否が分かることがほとんどです。

適性研修

タクシードライバーとしての基本的な知識を学びます。接客や運転、法令順守についての心構えやマナーをインプットします。

実務研修

料金メーターの操作や、より具体的な安全運転のための技術を学習します。それこそ教習所のように訓練車を使って専門の教官がつき、実際に運転をしながら行います。

現場へ

ついにタクシードライバーとして現場に出て、お客さんを乗せての営業が開始されます。

タクシードライバーに興味があればタクシー会社就職支援サイト「たくサポ」が便利↓

※完全無料で利用できます

タクシードライバーのキャリアアップ個人タクシーの魅力

キャリアアップ個人タクシー魅力

東京に訪問する外国人数はオリンピック開催決定とともに増え続け、既に述べた通り2020年には2500万人が都内に訪れるのが目標値です。

これを狙ってタクシー業で大きく稼ぎたいと考えている人は多いです。このとき会社に勤務して行う法人タクシーよりも、個人タクシーのほうが儲けを得やすいです。

法人タクシーにしろ個人タクシーにしろ、歩合制であることに変わりはありません。つまり頑張った分だけリターンがあります。

タクシードライバーとして稼ぎを増やすために、個人タクシーを目指している人が多いです。

売上のほぼ100%が収入になる

法人タクシーの場合、売上の高くても60%程度しか利益にはなりません。40%は経費などを含めた会社の取り分です。

個人タクシーであればこのデメリットがないです。確かに車の維持費や燃料費などの経費はかかります。しかしそれらは売り上げに比例して上がるものではないため、収入が大きくなるほど割合的には小さくなります。

たとえば年に1,000万円の売上をあげた場合、単純に考えて法人タクシーだと600万円の収入にしかなりません。一方で個人タクシーなら1000万円に近い額がそのまま自分の収入になります。

自由度がより高くなる

タクシードライバーは時間的自由が魅力だと述べましたが、個人タクシーとなるとさらにその性格が強くなります。法人タクシーだとまず会社まで行って、そこで車両の点検や整備を行います。

個人タクシーでは自宅から即業務開始ができます。ロスタイムがないのでストレスもなく、収入の面でも効率的です。

さらに隔日勤務だと21時間以下、その後20時間以上の休みという条件がありました。これも個人タクシーであれば自由なので、自分が好きなだけ働いて好きなだけ休むということが可能です。

タクシードライバーに興味があればタクシー会社就職支援サイト「たくサポ」が便利↓

※完全無料で利用できます

個人タクシーのデメリット

個人タクシーデメリット
個人タクシーはメリットばかりではありません。デメリットについて知っておくことが大切です。

有給がない

まず働かないと収入が0になります。法人タクシーであれば有給が取れたりと、体調不良などで休むときにも補償がなされます。

しかし個人タクシーで今日は休もうと思った場合、その日の収入が全くなくなります。

税金・保険などの手続きは自分で

税金や保険などの手続きを全て自分でしなければならないのもデメリットです。特に個人タクシーで大きく稼ぎたいと思っている場合、収入が上がるほどかかる税金も大きくなって、事業所得はいくら以上で申告しないほうが税制上有利、そのためにできることは何か、など考える必要があります。

税理士と相談することが必要な場面も出てきます。保険証も会社から渡されたのをそのまま使えるというわけにはいかないので、今までしなかった手続きを自分で行う手間やコストが負担になります。

クレーム・事故の処理も自分で

良いお客もいればそうでない利用者もいます。それこそクレーマーと呼ばれる人です。会社に勤めていればクレーム対応は会社側が行ってくれます。しかし個人タクシーだと、クレーム処理をしなければならない場面がありえます。

さらに事故を起こしてしまったときにも、会社に頼ることはできません。

知識や営業力がないと稼げない

お客さんのなかには個人タクシーについて良い印象を抱いていない人がいることも確かです。法人タクシーと違ってマニュアルや教育がないために、サービスの質が極めて悪いことがあるからです。

目的地が近いことが分かり露骨に嫌な顔をされた経験があると、もう個人タクシーには乗らないと決めてしまう人がいます。

また会社が契約している駅前やホテル、病院の専用レーンを個人タクシーは使えないという状況も存在します。

個人タクシー特有の営業の障壁が存在しますから、これを克服できるだけの知恵と努力が必要なのは間違いありません。

タクシードライバーに興味があればタクシー会社就職支援サイト「たくサポ」が便利↓

※完全無料で利用できます

個人タクシーをするのに必要な条件

個人タクシーは、やろうと思えば誰でもすぐにできるわけではありません。年齢によって条件が異なってきます。以下に特徴的な条件を挙げていきます。

35歳未満

  • 10年以上タクシーの運転経験がある
  • 10年間無事故無違反

35歳以上40歳未満

  • 10年以上自動車の運転に関する就業経験がある
  • 上記就業経験のうち5年以上はタクシーの運転経験がある

40歳以上65歳未満

  • 10年以上自動車の運転に関する就業経験がある

簡略化した条件は以上の通りです。65歳以上は個人タクシーの運転手になれないこと、年齢区分が高くなるにしたがって条件が緩和されていくのが特徴です。

一般的な職業からタクシードライバーに転職しようと思った場合、いきなり個人タクシーになるのは難しいです。まずは法人タクシーで所定の経験を積んでから、ステップアップとして個人で始めるというのがスタンダードです。

より具体的な条件については、全国個人タクシー協会のHPに掲載されています。>>個人タクシーの事業主になろう

都内タクシードライバーへの転職についてまとめ

特に東京でタクシー運転手をしたいという人に向けて、その魅力や注意点などを解説してきました。もともと都内のタクシードライバーは他の地域に比べて需要が多く稼ぎやすいです。

これが東京オリンピックを契機にした都内への外国人の爆発的な流入によって、より顕著になると予想されます。高齢化やそもそもの数の問題から需要に比してドライバーが不足しているのが現状です。

業界全体から新規のドライバーの参加が望まれている今こそ、転職の絶好機だといえます。特に外国人に対しても物怖じにせずに対応でき、語学や接遇技術の習得について意欲を持った人はより適性があるでしょう。

タクシードライバーに興味があればタクシー会社就職支援サイト「たくサポ」が便利↓

※完全無料で利用できます