みなさまこんにちは、寝ても覚めても多重債務者のダサオです。

カードローンを申込むときなどに、自信がないとどうしても年収を多めに言ってしまいたくなることもあるかもしれません。

今回はカードローンで年収を水増ししたらどうなるのか?ということについて書いていきます。

あくまで一例としてご覧頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

年収を水増しして申告した場合

カードローンに申込んだAさんの場合、年収540万円のところを570万円と思い込んで申請していました。

つまり年収よりも30万円多く申告してしまったわけですね。

はたしてどうなったのでしょう?

 

あくまでAさんの場合ではありますが、審査に通ったうえに希望額に+130万円しての限度額で確定しました。

ダサオダサオ

バレなかったのか、スルーされたのか…

では、通るのであれば少しでも有利になるように多めに申告をした方がいいのでしょうか?

一概にそうとも言い切れません。

バレた時のリスクを考えてみましょう。

バレたらどうなる?

年収だけに関わらず審査項目の中で虚偽と捉えられた時点で審査に通りませんし、社内のブラックリストに登録され、その金融機関では2度と契約できなくなる可能性もあります。

年収であれば、193万円を200万円のように繰り上げるくらいであれば、勘違いでも起こりえる程度なので問題はありませんが、それ以上は虚偽と捉えられる可能性もあるので、注意が必要になってきます。

どんな時にバレる?

金融機関が想定しているその職種の年収の相場や、年齢の平均年収などとかけ離れている場合には収入を証明できるものの提出を求められることがありますので、その際にはバレます。

そして水増しした額が虚偽と捉えられたら審査に通りませんので、その時点で終了です。

スポンサーリンク

まとめ

  • 虚偽と捉えられると審査に通らない
  • 水増しする金額が大きい程バレる可能性も高くなる
  • バレた時のリスクが大きい

水増しする金額が大きければ大きいほど融資額が有利になる可能性はありますが、バレる可能性もその分大きくなっていきますし水増しする額が小さければ小さいほど融資額に対する有利はありませんので、融資額に影響がでるほど水増しするにはデメリットが大きすぎるでしょう。

これは完全に個人的な考えではありますが、年収というのは審査に通る通らないという部分よりも、限度額を左右する項目なのではないでしょうか?

もしそうであれば、年収を水増しするという行為はわずかにでもあるチャンスを自ら潰すことにもなりかねなさそうです。

 

事故情報の程度にもよりますが、通るか通らないかは実際に申込んでみないと分からない部分もありますが、年収を水増しするのであれば将来を見据えた上でバレた時のリスクも含めて考えてからにすることをオススメします。

ちなみに私が信用情報に延滞記録があっても審査に通った時の記録はこちらから→信用情報に延滞歴があっても契約できた銀行カードーローン

ダサオダサオ

信用情報に負の履歴があっても、正直に申込むのであれば気にするのは申込みブラックくらいだしね!!

それではみなさま、よい返済ライフを!!

スポンサーリンク


ブログランキングに参加してます!
もしよければ清き一票(応援クリック)お願いします!
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ