借金を大幅に減らせる可能性をもつのが個人再生です。

債務整理のなかでもリスク、メリット、デメリットが自己破産と任意整理の中間に位置します。

この記事では個人再生のメリットとデメリット、バレるのかバレないのかを説明していきます。

個人再生とは

債務整理の中のひとつで、裁判所を通して借金を減額してもらう手続きのこと。

5,000万円以下の借金で、なおかつ継続して収入を得られる見込みのある人であれば個人再生の申し立てをおこなうことが可能で、認可がおりれば減額した借金を原則3年間で返済することになります。

任意整理とは違い貸した側と直接やり取りをするのではなく、裁判所を通して手続きをおこないます。

個人再生のメリット

  • 借金を減らせる
  • 保証人以外の人に迷惑はかからない
  • 条件次第で家や車を残せる

順番に説明します。

借金を減らせる

具体的にどれくらい借金を減らせてどれくらい支払うかは、5,000万円までの借金額の中で何段階か割合が決まっています。

借金総額 支払額
100万円未満 全額
100万円以上〜500万円未満 100万円
500万円以上〜1,500万円未満 借金額の1/5
1500万円以上〜3000万円未満 300万円
3,000万円以上〜5,000万円以下 借金額の1/10

上記のように、借金額により減額される割合が変わります。

保証人以外の人に迷惑はかからない

保証人がいる借金をしている場合は保証人になっている人に請求がいく可能性がありますが、それ以外で誰かに迷惑がかかることはありません。

家族に借金の請求がいったり、家族の方のローンの審査等に影響があるわけではありません。

条件次第で家や車を残せる

個人再生の場合、住宅ローンに関しては対象外にすることが可能です。

つまり住宅ローンは継続して払い続けることで家を手放さずにいられます。

車の場合は条件があります。

  • ローンの支払いが終わっている
  • 仕事で使っている※無くなると収入を得るために影響がでる

これらの条件にあてはまっていれば車を残すことが可能です。

ローンの支払いが終わっていれば残せる可能性がありますが、車自体に価値がある場合は引き上げられる可能性があります。

無吉無吉

例えば高級車を所有していたとして、個人再生で借金を減らそうとしているのにローンを払い終わっているからって高級車に乗り続けられはずはないよね…

個人再生のデメリット

  • 車や資産が取り上げられることがある
  • 官報に個人再生をしたことが記載される

官報とは?

国が発行している新聞のようなもので、企業情報から裁判の記録など幅広く記録されています。

個人再生をしたことも記載されます。

>>自己破産すると記録される官報。一般の人は見ないからバレないというけども

個人再生をしたことはバレるのかバレないのか

身内にはバレる可能性は高いですが、それ以外の知り合いなどにはバレにくいです。

確かに官報には記載されますが、毎日発行されている官報から個人再生をした人の欄を定期的にチェックしている知り合いがいることはかなり稀でしょう。

しかし官報には検索機能があるため個人再生+個人名などで検索すると名前が出てきますので、あなたの生活の変化などで気になった人が検索までして調べたらバレる可能性があります。

会社関係の借入には要注意

ただし会社関係で借り入れ(労金や労災組合や会社の人にお金を借りている等)をしている場合、それらも個人再生の対象となるのでバレることになります。

無吉無吉

要は自分のことを知ってる人に「あの人、個人再生するから支払額を減らしてね」って話が伝わるからこの場合はバレちゃうね

身内に隠すのが難しい理由

個人再生を申請するにあたり、二ヶ月分の家計収支表と給料明細の提出が必要になります。

これは同居している家族分も提出する必要がありますし、共働きであれば奥さんや身内の給料明細の提出も必要になるため、同居している家族に隠すのはかなり困難です。

個人再生のまとめ

個人再生は任意整理よりも効力は強いですが、その分リスクもあがります。

誰にも内緒で行える可能性のある任意整理と違い、身内に隠すのはかなり難しいです。

個人再生は借金で苦しんでいるあなたを救う法的手段です。

債務整理で迷った時は、まずは専門家に相談することから始めましょう。