禁煙して大幅な節約に成功した記録

タバコを吸うのにとても気をつかう

最近では喫煙OKの場所やお店でタバコを吸っていても、周りに対して匂いや煙を気にしている人も多いかと思います。

そのために比較的に匂いや煙の少ないIQOS等の電子タバコを探している人も多いのではないでしょうか?


無吉無吉

でも、タバコと比べて本当に臭くないのかな?本当にタバコの代わりになるのかな?

そんな風に迷っている人もいることでしょう…


安心して下さい!

今回は、元ヘビースモーカーであり最近ではタバコの匂いにとても敏感な私が、目の前で吸われても気にならない電子タバコを吸いごたえを加味したうえでランキングしていきます!!


無吉無吉

もと喫煙者で今はタバコをやめて煙の匂いに敏感になった僕だからこそ出来るランキングだね!

それでは、いってみましょー!

臭くない電子タバコランキング!!

ランキング条件

  • 価格
  • 吸った時の吸いごたえ(使用感)
  • 匂い

これらで比較しています。

月のコストの比較も後述していますので、ご確認ください。

1位!Ploom TECH クーラーパープル

  • Ploom TECH『クーラーパープル』

    プルームテックの画像

    価格3.0
    使用感5.0
    匂い5.0
    価格:
    2,300~4,000円(税込)
    備考:
    カートリッジは別売り(1箱500円)

    最近はやりのIQOSやgloと同じ加熱式タバコですが、他よりも構造が簡単といった理由から本体価格が遥かに安いです。
    ※同じ加熱式ではありますが、IQOSとgloは高温加熱式にたいして、PloomTECHは低温加熱式という種類です。

    IQOS:10.980円、glo:8.000円

    さらに素晴らしいのはIQOSやgloと違い、途中で吸うのをやめても途中から再会して吸い始めることが可能ということ。

    管理人のレビュー

    カートリッジにも種類があり、なかでも『クーラーパープル』味は目の前で吸われても甘い香りがするだけでまったく臭くありませんし、加熱式タバコ特有の燻した芋のような匂いも全くしません。※他の味はIQOSやgloと似た匂いがします。

    吸いごたえもあり、加熱式タバコ、電子タバコを含めて一番オススメできます。

プルーム・テックの新機種、プルーム・テックプラスが2019年3月に新発売されました。

本体の値段は倍以上しますが、プルーム・テックよりもさらに吸いごたえがアップ!

重めのタバコを好む方はこちらの方がオススメです。

2位!VAPE

  • VAPE

    VAPEの画像

    価格4.5
    使用感4.0
    匂い5.0
    価格:
    3.000円~15.000円
    備考:
    リキッドは別売り

    リキッドと呼ばれる液体を入れて暖めて蒸気を吸います。国内ではニコチン無しのリキッドしか販売されていませんが、個人輸入をすればニコチンいりのリキッドを入れることも可能です。本体価格は種類がとても多いのでピンキリですが、5.000円位のモノでも充分に使えます。

    管理人のレビュー

    VAPEの悪いところを無理にあげるとすれば、リキッドを日に数回補充することでしょうか。ただ、混ぜることによりオリジナルのリキッドを作れたりと、私のようにそれが好きな人には悪いところはないです。

    VAPEについて詳しくはこちらの記事をご覧下さい>>>電子タバコでタバコ代の大幅な節約と禁煙に成功!VAPEは超おすすめ!

  • 3位!VITAFUL

  • VITAFUL

    VITAFULの画像

    価格5.0
    使用感3.0
    匂い5.0
    価格:
    1.598円(税込)
    備考:
    カートリッジは別売り4個1.598円

    カードリッジは1つで500回の吸引が可能なので、およそタバコ20箱に相当します。※重いタバコに慣れている人は一回の吸引量が多くなるので減ります。
    ニコチンもタールも入っていない電子タバコで、プルームテックのニコチンが無いバージョンといった感じです。フル充電で500回吸引ができると謳っているので、こちらの方が一度の充電で長い時間使えます。タバコではないため、タバコ税の増税の影響を受けないので、これからもっと流行りそうです。

    管理人のレビュー

    ニコチンが入っていないこと以外はプルームテックを越えています。逆にいえばニコチンをヤメたい人にはすごくオススメです。>>>【VITAFUL】タバコ税の増税の影響を受けない電子タバコ!

  • ランキングの補足説明

    Ploom TECHが1位の理由は、周りへの不快な臭いのなさとニコチンが入っていることによる吸った時の満足感です。

    また、価格は通常のタバコとそんなに違わないものの、途中で吸うのをやめても続きから吸えるので多少はコスパもよくなります。

    Ploom TECHにしてからタバコ代が安くなったという声もチラホラ聞こえますね。

    2位のVAPEは物凄い量の煙が出るモデルも発売されているので、ニコチンが入っていないのにガッツリと吸いごたえを感じられることが魅力です。(海外ではニコチン入りのリキッドが販売されているので個人輸入であれば入手可能)

    3位のVITAFULはPloom TECHからニコチンを抜いた感じなので、物足りないと感じる人もいるかもしれません。

    しかし、コスパはかなり良いです。

    以上、ランキングの補足説明でした。

    IQOSやgloがランキング外な理由

    最近ではいろいろな加熱式タバコ、電子タバコが出ていますが、加熱式タバコはどうしても燻した芋のような独特の匂いがします。

    吸っているのは水蒸気のため周りに害を与えないとのことではありますが、吸っていない人にとっては関係ないんですよね。

    紙タバコよりはマシだけど、それでもやっぱり臭いんです。

    そのため、IQOSやgloはランク外となりました。

    もちろん紙に比べれば燃やしていない分、気にならないんですが…


    そんな燻している加熱式タバコの中でもPloom TECHの『クーラーパープル』はブルーベリー系の匂いがするだけで全然臭くないので、堂々の一位です。

    ニコチンが入っているので、タバコの代わりにもしやすいですしね!

    タバコとの吸いごたえを加味してるのでこの結果ですが、ニコチンの摂取をヤメたい方にはVAPEが一番のオススメとなります。


    無吉無吉

    ニコチンが入っていないこと以外はPloom TECHよりもいいよ!

    価格の比較

    本体価格を除いたカプセルやリキッド(消耗品)の月額の目安です。

    PloomTECHとVAPEは本体が別売りです。

    1箱の価格月の消費量ライター等合計額
    紙タバコ510円30箱108円15,408円
    PloomTECH500円 25箱無し 12,500円
    VITAFUL 1,598円 3.6箱無し 5.752円
    VAPE 1,000円6箱300円 6.800円

    ※タバコは1本につき12回吸引で1日1箱吸った時の比較(自分の場合)
    ※ビタフルは公式の吸える回数の0.8倍(実践値)
    ※ライター等の項目はVAPEでは消耗品であるコイルのことを指します。

    紙タバコと比較した場合、途中で吸うのをやめるということが可能なため、この3種類であれば吸う本数が減る可能性が高いです。


    無吉無吉

    IQOSとgloは途中でやめるのができないんだよね…

    シケモクを保存していれば別ですが、タバコと同じ回数の吸引であれば無駄無く吸える分、多くの人は消費量がタバコと比べて減らせるはずです。

    ただタバコと違って1本ごとの区切りがないので、永遠に吸い続けてしまわないようにだけは注意してください。

    今後の電子タバコの金額

    ニコチンが入っていると電子タバコでもタバコ税の増税の対象となります。

    そのため、今後のタバコの値上がりと共にニコチン入りの電子タバコとニコチン無しの電子タバコで価格の差が開いていきます。

    今後はVITAFULやVAPEようなニコチン無しの電子タバコがもっと流行っていきそうです。

    これを機に、脱ニコチンを視野にいれてみてはいかがでしょう!!