こんにちは、無吉です。

前回の大げさな予告から日数がたってしまいました。

 

生れて初めてFXを始めたところ10万円が3千円になりましたので、思ったことや感じたことを全て書いていきたいと思います。

私のように知識のないまま興味本意でFXを始めようと思っている人がいたら、この記事の最下部の『まとめ』だけでも読んで頂けると嬉しいです。

※専門的な知識はありませんので記事内におかしいところがあるかもしれませんが、ご容赦くださいませ。

FX歴

10年くらい前に初心者入門の本と脱税主婦の本を読んだので、うろ覚えながらも用語とかはなんとなく分かりました。

ただ、本を読んだだけで実際にやってはなかったので、投資と呼ばれるものの経験は今回のFXが初めてです

 

FX口座に10万円入金したのは自己アフィリエイトのため

最初に入金をしたきっかけは自己アフィリエイトのためでした。

自己アフィリエイトとは?

FX口座を新規開設して決まった金額を入金して数回の取引をすると、1〜2万円程度の報酬がもらえます。※条件は案件により異なります。

最初はこの自己アフィリエイトの報酬が目的でしたが、口座を開設した時にFX業者主催のキャンペーンもやっていることを知りました。

これが10万円を失うことにつながる扉だということに、このときの私は気付いていませんでした…

自己アフィリエイトについて詳しくはこちらをご覧ください→自己アフィリエイト報酬のまとめ【大きな収入源】

 

新規取引キャンペーンに挑戦

一定の回数、取引を行えばキャッシュバックしてくれるというキャンペーンが開催されていました。

ただ実際には、FXは一回取引することに手数料がかかるので、このキャンペーンだけで見るとどうやっても損をします。

もちろんこれから継続して取引を続ける人にとっては、予定通りに取引をしていくだけでキャッシュバックがもらえるのでお得なキャンペーンです。

ただ、私のように自己アフィリエイトが目的で継続してFXをやるつもりが無ければ、キャッシュバック額<手数料なので、メリットはありません。

ちょっと計算すればFXで勝ち越さない限り損をすることが分かるのですが、この時の私は何も考えずに軽い気持ちで挑戦することに決めていました。※数百回単位の取引が必要なので、時間がかかります。

キャンペーンの内容について詳しくはこちらの記事をご覧下さい→FXの新規口座開設キャンペーンの罠に気づき、戸惑う

 

勘違いとミス

今回の負債ができたのは、勘違いとミスがコラボレーションをしたためです。

私はあまりにも無知でした。

負けても数万だと思ってた

その中でも私の最大のミスはこれでした。

資産が『溶ける』とは聞きますが、ここまで減るものだとは思ってもいませんでした。

100円の価値が80円に下がっても減るのは2割

『10万円分の通貨の価値が2割下がっても2万円減るだけでしょ?』程度の感覚だったのですが、そんな私を嘲笑うかのようにレバレッジの存在があったのです。

最強であり最恐。レバレッジとは?

国内では実際に入金している額の最大25倍までの取引ができます。

これを『レバレッジ』といいます。

10万円の入金であれば10万×25の最大250万円分の取引ができるので、先ほどの私の『負けても2割くらいでしょ?』の感覚をあてはめると、

レバレッジ25倍で10万円分購入した通貨が2割下がった場合、250万の2割になるので50万円のマイナスになります。

実際はロスカットといって、資産がある一定のマイナスになった時は強制的に決済されるので資産がマイナスになることはありませんが、10万円の入金額に対してレバレッジをかけた倍数の負け額になるので、『溶ける』時は一瞬です。※まれに大幅な下落の際ににロスカットの処理が追いつかず、資産がマイナスになることもあるようです。

 

それであればレバレッジをかけさえしなければ、『やっぱり10万円で通貨の価値が2割減ってもマイナス2万だよね?』となる訳ですが、そうは問屋がおろしませんでした。

セカンドトラップ発動!!レバレッジが固定!?

私が今回使用したのはDMM .COMのFX口座だったのですが、なんとここ、レバレッジ25倍固定という玄人向け?のFX業者だったのです。

 

しかも国内最大の25倍固定という…

レバレッジの存在は知っていましたが、取引画面で選ぶところがなかったので何も考えずに取引を開始しました。

 

こうやって思い返すと多様な勘違いをおかしていました。

戦う前からすでに負けています。

そもそも私が目指していたのは、自己アフィリエイトによる報酬だったのでFXでここまで取引をする必要はありませんでした。

それなのに深く考えることもせず、キャンペーンだからといって私の場合はなんの得もないものに安易に手を出したので、この結果は当然のことでした。

 

 

FXで10万円が3千円になるまで

せっかくなので、特に印象に残っている負けを書いていきます。

初めたての頃は取引中は常に画面を監視していて、下がり始めたらすぐに決済してしまっていたので以外にも負債は少なかったです。

ただ、ミスが重なり資産が少なくなるにつれて取引方法が変わっていきました。

ドルで寝落ちしてボコボコ

FXを初めてしばらくは画面に張り付いていましたが、ある日、損切りの設定をせずに寝落ちしました。

ただ、それだけ。

ただそれだけで気付いた時にはすでにかなりのマイナスになっていました…

※『損切り』とは、いくら下がったら売るという数値の設定できます。反対にここまで上がったら売るという設定もできます。

寝落ちと似ていますがこんな事もありました→無吉、FXの洗礼を受け泣く

重要指標発表で損切り設定して挑んだら買った瞬間に売られる

先ほどの寝落ち等の人的ミスにより、損切り額を設定しました。

それにより、ある一定の金額の損をしたら勝手に決済してくれるので、大きく負けるということはなくなりました。

 

そんな時、指標発表(今後経済が〇〇になる見通しですよ。みたいな偉い人がする発表)がありました。

発表直後は上がったり下がったり値動きがすごいという話を聞いてはいたので、時間が合ったこともあり参加してみました。

 

発表直後に一気に上がり始めたので意気揚々と参戦してみましたが、まぁ、なんということでしょう。

買えないんです。

購入のボタンをいくら押してもその通貨が自分の物にならないんです…

 

と思っていましたが、良く見たら違いました。

値動きがとても激しく上がったり下がったりしていましたので、買った瞬間に『損切り』の設定額に達し、売られていっていたのです。

 

5秒になっていますが、実際は目で追えなかったので一瞬だったような…

売らずに持っていたらそのうち戻ると思った

ここまでくると、負の連鎖が止まらなくなるもんですね。

予想と反対に値動きをするとすぐに決済をしていましたが、長い目で見ればマイナスになっても決済しなければ同じ金額まで戻ったりするんです。

それを見て、『あっ、売らずに持ってればいいんだと思うんです』

でも当然ながら、戻らないこともあるんです。

戻らないとどうなるかというと、どんどん資産が少なくなりそのまま減っていくと強制的に決済されてしまいます。

 

無吉無吉

売らずに持ってるって…取引回数をこなしてキャッシュバック受け取るキャンペーンはどこにいったんだろう…

強制決済に慣れる

強制決済が近づくと『強制決済されたくなければ入金してください』とメールが来ます。

 

最初は入金はしないもののメールが来る度に焦っていましたが、最終的にこれにも慣れました。

慣れても慣れなくても入金しないと強制決済されるんですけどね。

 

こんな感じで失う金額がどんどん多くなっていき、安い通貨に流れていきながら最終的に資産が3千円となり、何も買えなくなりました。

ミサイルが発射されて一気に下落する

そういえば、負けたこと以外にも興味深いものがありました。

深夜にFXを眺めていたら、いきなり下落が始まりました。

FXのアプリ内でニュースを確認すると、どこかの国がミサイルを発射したとの事でした。

当時すでにお金がなくなっていてZARという国の通貨しか購入出来ませんでしたが、ナイアガラの滝のように下落していくので買ってみたところ、なぜかその瞬間だけ手数料が高くなっていて結果少し負けました。

その後、また通常の手数料に戻っていたので、何かしらのルールがあるのでしょうね。

こんな感じで、知識さえあればもう少しどうにかなった場面もありました。

 

FXは上がるか下がるかだけど、勝つか負けるかは2分の1ではない

やってみるまでは、FXは上がるか下がるかを当てるだけの単純なゲームだと思っていましたが、それがそもそもの間違いでした。

少なくともこれらの要素があります。

  • 手数料
  • 強制決済
  • 利確

 

※利確というのは利益を確定することを指します。

 

まず手数料があるので、マイナスからスタートします。

最低でもこの分を取り戻さなければ勝てません。

 

さらにどこかで利確をしなければいけません。

上げ下げが予想通りにいったとしても、どこで利確をするかによって勝ちの額はまったく変わります。

反対に資金が一定の額まで少なくなった時は強制決済されるので、高レバレッジの少ない資金で勝負する場合、つまり強制決済までの範囲が近ければ近いほど負けます。

 

なぜ?

最高値での利確は自動では出来ませんが、強制決済はつねに自分の資産に対するマイナスの最高値でされるからです。

※上がるか下がるか(勝ち負け)を単純に二分の一で考えた場合です。もちろん勝ちの割合が多ければその限りではありません。

 

無吉無吉

だから強制決済されない資金と手数料が安い業者(通貨)を選ぶというのがとても重要なんだね…

僕のように費用をギリギリ借金で用意して、通貨も変えていって手数料がどんどん上がっているような状況で勝てるわけがないね…

ゼロサムゲームとはいうけども…

ゼロサムゲーム

全員の得点、±を合わせて0になるゲーム。

この場合は資金面でプレイヤー同士で完結するゲームを指す。

FXは業者に支払う手数料はあるものの、他のギャンブルに比べてプレイヤーへの還元率が高いためにそう呼ばれることもある。

 

FXはゼロサムゲームだといいますが、プレイヤー同士の戦いだとしたら勝つのはかなり難しいのではないでしょうか…?

勝ってる人は少数で、ほとんどは負けてるんじゃない?

プレイヤー同士の戦いとなると、このFXの世界で長年勝ち抜いている人達とも戦っていることになります。

そんな人達に昨日今日始めたばかりの私たちは勝てるのでしょうか?

そうそう勝てないでしょう。

そのため新規入場者はほとんど勝てずに退場していき、また新しい人達が挑戦するも退場し、勝ち続けている人達の養分となっているのではないでしょうか?

バスケで例えると

トップのトレーダーをNBAプレイヤーとすると、初心者は小学生のようなものです。

仮に小手先の技を磨いたところで、小学生がバッシュをジョーダンにしたくらいでNBAプレイヤーに勝てるわけがありません。

そもそもの身体も経験も違いますからね。

あと、当然相手も同じレベルのバッシュを履いています。

 

ただ、必ずしも自分もNBAプレイヤーレベルにならなきゃ勝てないわけではなくて、高校生レベルくらいでプラスの領域になる可能性もあります。

トップのトレーダーはNBAプレイヤーだとしても、試合のレベルは高校生レベルくらいかもしれませんので。

ただ、それでもさすがに小学生に毛が生えた程度ではどうにもならない世界なんだと思います。

そのためFXで運ではなく実力で勝とうと思ったら、かなりの努力が必要でしょう。

 

※どうやらFXには全員が勝てる相場というものが存在するらしく、その時は燃料代なりなんなりが上がったりして景気や世界情勢なども関係しているようです。

そもそも人と争っているものでもないような雰囲気が…ますます投資って怖いし難しい。

 

 

巷に溢れている情報は実際に勝てるのでは?

一つ仮説をたてました。

巷に溢れている手法や方法は、本当のことなのではないか説。

どれか検証した?

実際はやってみなくちゃ分からなないんですが、勝てる手法が転がっている可能性は多いにあると思います。

というのも、この情報社会でここまで研究されているモノである以上、なかなか隠し通せるものではないんですよね。

当然ながら隠したがる人もいますが、反対に自慢したがる人もいますし、その中には別に手法がバレても構わないという人もいるでしょう。

そのため、勝てる手法というのものはその辺に転がっているものだと私は考えます。

 

ただ、勝率は低いと思うので試行回数が少ないと安定した勝ちにはならなさそうです。

その結果、本当は勝てる手法だったにも関わらず、その手法を本当に勝てないか検証していないだけでやめてしまっている場合もあるでしょう。

続ければひょっとしたら…

FXの勝っている勝率がどれくらいなのかは分かりませんが、

『コツコツドカン』

という有名な擬音があります。

※うまい人はコツコツ負けてドカンと勝つと言われています。

 

この言葉から推測すると、

  • コツコツ負ける 2敗
  • ドカンと勝つ  1勝

 

となりますので、3戦1勝となります。

勝率が30%くらいのものを信じて続けるのはかなりの精神力がいることですので、一つの手法を続けられずにやめてしまう人もいるかもしれませんが、続けていればひょっとしたら本当は勝てる手法だということも充分にありえます。

 

でも、本当に勝てるかどうかは自分自身で検証してみなくては分かりません。

そして本当に勝てるか分からないのにお金を使うのはとても危険です。

それでは余剰資金がいっぱいあるお金持ちじゃなくちゃ何も出来ないのか…?というとそんな事はありません。

 

 

FXはデモで練習ができる!

デモトレードとは?
お金をかけずにトレードの練習が出来ます。

 

このデモトレードで世の中に転がっている手法を片っ端から試し、好きなだけデータを取り、勝てる手法を確立してから取り戻しに行けば良いのです。(と、自分にいってます)

無料で練習ができる環境というのはなかなかあるものではありませんが、FXはいくらでも好きなだけ手法を試してデータを取る事ができます。

FXの素晴らしいところは、デモトレードでいくらでも練習が出来るところです。

 

取り戻すのはすぐじゃなくていい

FXだけではなくギャンブル全般にいえることですが、取り戻そうと思ってすぐに取り戻せるモノではありません。

そもそも、負けたから取り戻す!と思って取り戻せるくらいならなかなか負けませんよね。

 

もちろん数回の勝負であれば運で勝つ場合があるかもしれません。

ただ、私がいうのも本当に恐縮ですが、継続して負け続けているのであれば手法が間違っている可能性がすごく高いです。

つまり負けてる期間が長ければ長いほど、運ではなく実力で負けていることになるので、そのまま続けていたところで負け続けるだけです。

続ければ続けるほど負債が増える可能性がとても高いです。

ではどうすればいいのか?

勝つための手法を知る必要があります。

かといって怪しいセミナーや怪しくない有料のサロンに加入するお金はありません。

だからデモトレードを始めるのです。

巷に溢れている情報を拾い、片っ端から試し、データを取り、勝てる手法を自分自身で見つけます。

安定して勝てる手法を見つけらるまでは、どうせ勝てないからやりません。

 

まとめ

  • 初心者はミスや勘違いが充分にありえる
  • すでに負けていてもすぐに取り戻す必要はない。というよりも取り戻そうと思っただけで取り戻せるほど甘い世界ではない
  • 世の中に溢れている手法の中には勝てるものがある
  • ミスや勘違いを防ぐために、取引の方法や勝てる手法を確立するためにも、デモトレードで練習&検証することがオススメ!

 

この世の全てのギャンブルで勝ち越すために、FXもいつかは取り戻す!

安定してデモで勝てるようになったら