みなさまこんにちは、元ハイエナスロッターのダサオです。

私がパチスロをやめた理由は全リセ店の廃止と等価交換じゃなくなったことがきっかけでした。※やめた理由を詳しく知りたい方はこちらを→【収支表発見】私がパチスロをやめた理由

 

今回、なんと都内で等価交換のパチンコ店が残っているとの噂を聞きつけたので、本当に等価なのか調べてきました。

ダサオダサオ

今更感漂うけど、換金率ギャップさえなければ僕ももう一度…

スポンサーリンク

いまだに都内で等価交換の店

  • 東京UNOグループ

関東に25店舗を展開するチェーン店。

 

どうやらここが未だに等価交換で営業しているらしいです…

とりあえず行ってみた

ということで、東京UNOグループの有楽町DUOへ!!

 

ちなみに向かい側には同じUNOグループの有楽町UNOがあります。

 

 

むかーしむかし、来たことがあります。

私はハイエナの待ち時間はゲームセンターで過ごしていたのですが、当時あったゲーセンは無くなってしまったんですね…

とりあえず打ってみた

本当は千円入れて50枚をそのまま交換しようと思っていたのですが、私がハイエナをしていた時からある台が残っていたので、チェックをしてみると打てそうな台を発見。

等価ならありかなーと思い、かれこれ2年近く振りにパチスロを打ってみました。

 

 

ダサオダサオ

ちょっと出た!

多少の疑いを持ちながらも換金すると2万円。

本当に等価交換でした。

余りメダルはもちろんお菓子です。

パチンコも等価?

私の中ではこの店のパチンコは全くもって回らないイメージしか無いので打つ気にはならず、知らない人が玉を流すところから交換するところ、さらに換金するところまで見守るというストーキング行為をして確かめましたが、パチンコも等価でした。

何で等価で営業できるの??

東京都遊技業共同組合に加盟していなければ換金率は関係ないみたいな噂を以前聞いたことがありますが、実際はどうなのでしょうね。

そもそもパチンコ屋さんがお金に換金しているわけでもありませんし、この辺の難しい大人の事情は私にはよく分からないです。

とりあえず一つだけ言えるのは、有楽町のDUOは本当に等価交換でした。

スポンサーリンク

最後に

いやー、都市伝説かと思いましたが、本当に等価交換は残っていたんですね。

そもそも私は預メダルの使用制限さえ無ければ等価じゃなくてもいいんですが、使用制限500枚ってキツいですよね。

換金率ギャップがある限りは、長いあいだ全リセのぬるま湯に使っていた私にはちょっとキツいです。

 

等価交換であればハイエナ復帰という選択肢もあるんですが、規制まで残り時間が少ないんですよね。

なにより私は関東に住んではいるものの、有楽町まで通う気力も時間もありません…

というわけで、おそらく人生最後のパチスロが終了しました。

 

それではみなさま、ほどよいギャンブルを!!

スポンサーリンク


ブログランキングに参加してます!
もしよければ清き一票(応援クリック)お願いします!
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ