みなさまこんにちわ、寝ても覚めても多重債務者のダサオです。

いきなりですが、今回はパチスロの天井狙いで100%勝つ方法を書いていきたいと思います。

 

ダサオダサオ

決して怪しい攻略法などを売ってる訳ではないよ!

あと、勝てる理由についても出来るだけ分かりやすく解説してみます。

それでは、ご覧下さい!!

スポンサーリンク

天井狙いで100%勝つ方法

これから書く事さえ守って貰えれば100%絶対勝てます

ただ、そもそもまず天井狙いを知らない人のためにちょっと説明します。

天井狙いとは?

全ての機種にではありませんが、パチスロには『天井』というものがあります。

読んで字の如くてんじょうです。

例えば前回の当たりから1000回転まわして、その間に当たりが無かったら1000回転目で絶対当たります。っていう機能です。

機種によって条件や回転数は違いますが、大雑把にいうとこんな感じです。

100%勝つ方法

では、本題に移ります。

天井狙いで100%勝つ方法ですが、

 

投資枚数よりも払い出し枚数が多い台を打つ。

 

ただそれだけです。

ピンとこないかも知れないので具体的に説明します。

 

まず、さっき例えにだした前の当たりから1000回転目で当たる台を例にします。

その1000回転目で当たる台を、1回当たると最低でも50枚くらいは最低でもメダルが払い出されるとします。※これも機種によって違いますが、決して多くはない数字です。

 

パチスロは基本的に3枚で1回転まわせます。

本来は数枚メダルが払い出される小役や、メダルを使わずにもう一回転まわせるリプレイ等がありますが、ちょっと今回は無視します。

 

これも少し違う所も有りますが、基本的にはメダル50枚=1.000円で交換出来ます。

この条件でいくと、50枚=3枚×16回転 余り2枚

 

最低でも984回転で止まってる台を打って当たりを引いてすぐにやめれば+2枚

999回転の台を打ってすぐやめれば+47枚

984回転以上の台を打ってすぐにやめれば絶対に勝てます。

 

この条件さえ満たせば勝率100%は間違いありません

あと、MB狙いというのも100%勝てます。

MB狙い

特定の役を引いた次の回転で10〜15枚程メダルが払い出される。

特定の役を引いた回転では特に何もおこらずに止まっている出目でしか判断できない場合が多いため、次に10〜15枚くらいメダルが払い出されるのに台が空いている場合がある。

出目などは機種によって違うので詳しくはググってみてください。

 

これで100%勝つ方法は終わりです。

これであなたも100%勝てること間違いなし!!

 

 

…『そんな台おちてねーよ』って声が聞こえてきそうですね…

 

確かに当日のデータカウンター上で勝率100%の台なんてなかなかありません。

じゃぁ勝てないのか?というと、そんな事もありません。

 

世の中にはパチスロの天井狙いで収入を得ている人がいるのも事実です。

勝率100%の台が打てないからって勝てない訳ではありません。

もう少し細かく説明します。

勝ってる人はどうしてるの?

勝率が100%以下の台を打っています

考え方としては、100%勝つ方法とあまりかわりません。

基本的に投資した枚数より多く払い出される可能性がある台を打つだけです。

 

さっきの例と違って、本来パチスロには確率というものがあります。

それを含めて計算して、差枚数が計算上は+になる台を打ちます。

スポンサーリンク

大事なのはボーダーライン

ボーダーラインとは何かと説明すると、打ち始める回転数の事です。

勝っている人は間違いなく把握しています。

先程までの例えは分かりやすくするために極端にしていましたが、本来は他の要素も絡んでくるのでそれも含めて計算します。

平均獲得枚数について

先程は説明しやすいように当たった時の最低枚数を50枚と設定していましたが、本来は少し違います。

パチスロの大当たりには平均獲得枚数というものが存在します。

当たりを引いた時に平均で何枚出るかというのを計算したものです。

 

またまた例えになりますが、当たりを引くと平均で200枚獲得できる機種があるとします。

先程の1000回転で当たる台にあてはめると、投資が200枚以内に収まる回転数の台を打って当たりを引いてすぐにやめれば、確率上は勝つ事ができます。

単純計算ですが、200枚=3枚×66回転あまり2枚

つまり934回転以上まわってる台さえ拾えれば確率上は勝てる計算になります。

その他の要素について

パチスロに関してはほかの要素にも左右されてきます。

  • 小役
  • 大当たり確率

小役に関しては引けば単純に回せる回数が増えるので、50枚でまわせる回転数を多く計算する事が出来ます。

例:50枚=16回転×3枚 あまり2枚 これに+小役分(数枚の払い出しや、もう一回転まわせる)を計算すると50枚でまわせる回転数が増えます

 

大当たり確率に関しては、1000回転で天井の台を950回転で毎回打ち始めてたとしても、天井に行く前に当たる事もあります

単純に投資する枚数が減るので、その分も計算にいれます。

 

本来は機種毎にもっと複雑な要素が絡んできますが、なぜ勝率100%の所からボーダーラインを下げても勝てるのか、ある程度のイメージが湧けば大丈夫です。

注意事項

ただ、ここで気をつけなければいけないのが、勝率100%じゃない以上、絶対勝てる訳ではありません

あくまで、平均、確率の話なので、場合によっては負けます。

 

例:平均払い出し枚数が200枚の台で50枚しかでなかった場合

960回転で打ち始め〜1000回転で天井当り(70枚投資)〜回収50枚  差額-20枚

簡単にいうとこんな感じです。

 

打ち始めを低く設定すればするほど投資する枚数が多くなり、勝率が低くなります。

ボーダーラインを下げると負ける可能性が高くなるって事ですね。

逆にボーダーラインを上げれば投資する枚数が少なくなり、勝率が高くなります

ボーダーラインを決めるには

ではそんな大事なボーダーラインをどうやって決めるのか。

そんなの計算出来ないよ。っていう人が多数だと思います。

そんな時はグーグル先生に聞きましょう。

 

世の中にはスロットのブログが沢山あります。

ボーダーラインも書いてくれてますし、期待値まで算出してくれてます。

 

期待値とは?

見込みの枚数/金額(平均値)
例:その台をそのボーダーラインから打ったら+◯◯枚/円の期待値

 

いくつかのブログを見比べて、最初はボーダーラインを高めに設定しておくのがおすすめです。

さっきの話に戻りますが、ボーダーラインは上げれば勝率も上がりますし下げれば勝率は下がります

下げれば勝率100%の所から遠くなっていきますからね。当然といえば当然です。

 

ここから先は機種毎に全然違いますので、それぞれ調べてみて下さい。

同じ機種でも絶対にいくつかの情報を見比べて下さいね。

 

あと、同じくらいヤメ時が大事なので、これも一緒に調べて下さい。天井情報を書いてくれてる人はだいたいヤメ時も書いてくれてます。※当たりを引いた後にやめる回転数や条件。

実践する前に

色々なブログやサイトを見て、ボーダーラインが決まった後に気をつけて欲しい事を書いておきます。

一つだけ絶対に守って欲しいのが、決めたボーダーラインを越えていない台は打たないです。

打つ台がなかったらおとなしく帰りましょう

打つ台が無い時に帰れるようになれば、もはや勝ち組といっても過言ではありません。

あとは、解説してくれてるブログ等のヤメ時をきちんと守れば自ずと勝利はついてくるはずです。

まとめ

  • 機種毎のボーダーラインとヤメ時を決める。いくつかのサイトを見比べて決める。
  • 決めたボーダーラインとヤメ時を絶対に守る。
  • 打つ台がなかったら帰る

これを徹底すれば、試行回数を重ねれば重ねるほど勝てるようになります。

ただ、何度もいいますが、ボーダーラインを下げると勝率も下がるので、そこだけは注意して下さい。

 

ダサオダサオ

ボーダーを下げると打てる台は増えるけど投資は増えるよ

スポンサーリンク

最後に

一口に天井狙いといっても、手法ややり方は一杯あります。

これより先はそれぞれ調べて実践して頂ければと思います。

え?そんな半端にやめるの!?と思われるかもしれませんが、すいませんここ、借金返済ブログなので

パチスロブログ見れば、打ち方からヤメ時まで全て書いてありますからね!!凄い詳しく分かりやすく。

 

今回、なぜこの記事を書いたかというと、同じジャンルのブログでパチスロが原因で借金を抱えている人がちらほらいたからです。

ギャンブルが原因で借金を抱えてしまっている人は、すっぱりヤメる勝つしか抜け出す道はないですからね。

なので、少しでも参考になればと思い、おせっかいながら書いてみました。

あくまで考え方的なもので、こんな感じだから勝てるのか〜とフワッとした感じで少しでも伝われば幸いです。

 

 

ひょっとしたら気になってる人もいるかもしれませんね。

で?お前はどうなんだ!?借金返済ブログ書いてる奴がパチスロで勝てているのか?と。

 

じつは私はパチスロをしていません。

もちろん以前はやっていました。

100%勝てるとか書いておいてこれで終わりだとちょっとあれなんで、一応やめた理由を書いておきます。

おまけ。私がパチスロをやめた理由

ちょっと詳しい説明は省きます。

まずは打っていた状況

  • 店に行けるのは早くても夜の19時以降
  • 月の打ってる時間は平均20時間いかない位
  • 19時以降で回転数0の台が残ってる全リセ店と、その近くの機種によってリセットの店

こんな感じです。

すいません、ものすごーく恵まれた環境で打ってました。

ただ、残念ながら行ける時間が遅い上に稼働時間もあまり取れませんでした。

機種によってリセットの店は、恩恵ない機種だけリセットだったので、リセ店の帰りに立ち寄るかどうかって感じでした。

 

やめたのは地域毎に交換率があがった頃です。

やめた理由

  • 全リセ店がランダムリセットになった

もともと稼働時間も少なく、いける時間も遅かったのでこれだけでやめる理由としては十分でした。

打てる台も激減し、宵越し狙っても打たずに帰る事の方が多くなったんで、行くのやめました。

 

パチスロやめたのに同じペースで散財(おもにソシャゲ)してたら気付いた時には多重債務者でしたとさ!

 

ここまで読んで頂き、誠にありがとうございました!

スポンサーリンク


ブログランキングに参加してます!
もしよければ清き一票(応援クリック)お願いします!
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ