クラウドワークスには『承認率(投稿して承認される確率)』というものがあるのですが、じつは私、今の所100%(11/11)です。

これには何か意味があるのでしょうか?

 

クラウドワークスの報酬と承認率の画像

承認率とは

参加出来る条件が『承認率95%以上』という案件もあるため、承認率は大事です。※依頼者側が案件を依頼する時に、『承認率95%以上』の人のみを指定する事ができます。

まぁ私は作業件数が少ないので1件でも未承認の瞬間に95%を切ってしまうんでけどね…

 

「記事を書く」という事がいまだによくわからず、どうしても全てが体験談、感想文風になってしまいます。

それでも100%と言う事は、ひょっとしたらクラウドワークスのクライアントはそこ迄のレベルは求めていないのかもしれません。※たまたま運がいいだけかもしれませんし、ひょっとしてひょっとすると私が類希なる文才の持ち主なのかもしれません。。。ないな

 

私がやってるのは『タスク』というジャンルで初心者向けもあります。

『プロジェクト』というジャンルになるとプロ向け等もあるので、もっと厳しくなるのでしょうね。

私はしばらくタスクで練習がてら経験を積む予定です。

 

そんなタスクで少し大きめの案件に挑戦

承認率を下げないためには小さめの案件を数多くこなしていれば良いのですが、どうしても時間効率が悪くなるのでクラウドワークスを初めてはや2日、遂に挑戦してみました!

900文字で報酬は280円!!

しかも、ただ文章を作ればいいのではありません。

前置きの文章を付けたうえに4段構成(小見出し付き)。

まず、小見出しとは何かをググる所から開始し、70分かけてようやく完成。

相変わらず遅いです。

 

小見出しとは
この記事でいうと『承認率とは』と『そんなタスクで少し大きめの案件に挑戦』が『小見出し』や『見出し』と呼ばれる部分にあたります。

 

1時間程して結果が…承認!!!

うおおおおおおおお

うれしかったです。

もう、完全に個人事業主です。

確定申告どうしよう?