みなさまこんにちわ!ダサオです。

 

クラウドワークスを始めて15日が過ぎました。

そこで、クラウドワークスについての考察をしてみたいと思います。※初心者の個人的目線

 

ほぼタスクというジャンルのライティングの案件ばかりをやっているので、それが基準です。

あと、私が承認されるために気をつけてる点も書いてありますので、よければ参考にして頂ければと思います。

承認された案件に関しては依頼者にとって金額分以上の価値がある

まず間違いないです。

価値がなければ承認しませんからね。

ただ承認する理由は単純にいい記事だからというだけでは無いと思います。

では何を求めてるのかというと

•情報を集めたい
これ、凄く多いと思います。
自分の知らない事でも体験談等を集めて、書き直し(リライト)して記事にしてる人は多いのではないでしょうか。
もちろんそういう人はググったりしても記事にできるのでしょうが、単純に知ってる人に聞いた方が速そうですしね。
もちろん嘘を投稿する人もいると思うので、その可能性を加味して何件か集めて取捨選択をしているのではないでしょうか。
もしくはググってもあまりでてこないようなニッチな情報を仕入れて発進してるのでしょうか。

•ネタがつきた
お題等もなく文字数の制限しかない依頼は、これかもしくは新しい何かを求めているのではないでしょうか。

•自分で書く時間がない、書くのが面倒くさい
自分で記事を書けない日でも書いてもらえるとありがたいですよね。
多少質が落ちてても承認して毎日更新したい人もいるのではないでしょうか。

•記事の内容よりも、完成度が高い記事を書く『人』を(書く才能をもつ人を)探している
もちろん記事の完成度が高いのにこした事はありません。
ただ、そこまでのクオリティを求めてる人はタスクに限定すればそんなに多くはないと思います。
なぜならば他にプロ向けというジャンルがあるからです。
どちらかというと記事のクオリティが高い、書ける可能性が高い人を『スカウト』する為に依頼してる場合が多いかもしれません。

口コミサイトの投稿依頼なども有ったりするので、もっともっと理由は様々だと思いますが、ライティングだとこんな所が依頼する理由として多いのではないでしょうか。

どんな理由にしろ、承認するからには依頼者にとってそれ以上の価値がある事に間違いないです。

怪しい依頼者がいる

アンケート系に多いですが、あきらかにブログに誘導してる人達もいますね。

単価1円とか2円とかで『このサイトのどこどこをチェックして〜』等の依頼はブログにアクセスして貰う事を目的にしてそうです。

私はさすがに単価が低すぎるのでやらないのですが、割と応募が多いのでやってる人は多いようです。

正直、最初に気付いた時に心から素直に『凄い』と思いました。

私にはお金を払ってブログに人を呼ぶなんて発想はきっと出てきません。

しかもクラウドワークスの依頼という形を使って。

凄いです。

私はまだクリック単価等も全くわからないのですが、メリットがあるのでしょう。

私もそういった逆転の発想が出来るようになりたいです。

まぁ、これで特に誘導してる訳じゃなかったら赤面ものですが…

あ、書いてて気付きましたがやってる人が多いのは承認率を上げる為かもしれません。

 

承認されるために

私が応募する際に最低限気を付けてる事です。

 

•文章として構成されているか
文法が変ではないか、矛盾してないかというのをチェックしてます。
よくあるのが文字数が足りなくて言葉に肉付けしたり、言い回しを変えたりするとおかしくなってしまいがちなんで必ずチェックしてます。
チェックするとだいたい毎回おかしな所があって直してます。

 

•依頼のテーマに沿っているか
これもどこまで外れるのが許されるのか線引きが難しいんですよね。
依頼主にとっても違うと思いますし。
今、私が一番外れたなって思ってるのは、例えですがお題が『野球に関係する事なら何でも』でドームの構造の記事にしたくらいでしょうか。
本当はお題通りにいければ一番なんですけどね。
少し話を外せば書ける案件が割と多くて。
知ってる事しか書けない私の実力不足ですが…

 

•誤字脱字をなくす
誤字脱字に関しては2個以上は非承認など決められてる場合も多いので、必ずチェックしてます。
あ、あと呼び名とか数字を統一してます。例 『1ヶ月』『一ヶ月』どちらかに統一

兎にも角にもチェックは必須です。

 

気をつけているのはそれくらいです。

中身自体は薄っぺらいのも多々有ります。

 

今の所はテーマに沿ってさえいて、文章として成り立っていて誤字脱字がなければ承認さています。※28件中3件はアンケートです。

 

 

タスクの案件に、そこまで記事のクオリティを求めるてる依頼は少ないのではないのでしょうか。

 

もちろん自分のスキルアップの為にはいい記事を書いた方がいいですが。

ただ、応募するのにそんなに警戒する必要もないかなという印象です。

最後に

承認された案件に関しては、それを使えば間違いなく報酬より多い金額を生み出せます。と思います

ただ、残念ながら現状は自ら発信する術がありません。

 

なのでクラウドワークスでお小遣いを稼ぎつつスキルを磨き、知識をつけていずれは自ら発信したいです。

その時はクラウドワークスに発注ですね!!

 

クラウドワークスはスキルを磨くという意味では凄く適したものなのではないでしょうか。

まだまとめてないのですが、時給換算にすると凄く低いです。

初日の作業時間についてはこちら

 

一つの案件に掛ける時間が異常に長いので、実力不足がおもな原因です。

タイピングはまだしも文章の構成力がなさすぎて。

 

ただ、時給が低くても今までゲームして課金して借金してた時間でお金が稼げるので、それが凄くうれしくてやりがいがあります。

 

そしてなぜもっと早くやってなかったのかと後悔しています。

 

ありがとうクラウドワークス!

 

これからもしばらくお世話になります!

 

スポンサーリンク


ブログランキングに参加してます!
もしよければ清き一票(応援クリック)お願いします!
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ