こんにちは、寝ても覚めても債務者の無吉です。

私はクレジットカードで失敗してからずっとデビットカードを持ちたかったのですが、新しいクレカを作った時に家に届く郵送物などから妻に借金がバレるんじゃないかと警戒して作らずにいました。

しかし、ようやくデビットカードを申し込んでも問題なくなりましたので、デビットカードってそもそも何なのかを説明していきたいとおもいます!

デビットカードとは?

クレジットカードと同じようにVISAやJCBなどのカード加盟店で使えるカードです。

15歳以上(中学生不可)から申し込めるデビットカードもあり、審査もありません。

誰でも持てるカードといってよいでしょう。

クレジットカードとの違いは決済方法

クレジットカードは翌月に一括で支払ったり分割払いやリボ払いも選べますが、デビットカードの場合は使用すると自分の銀行口座から即引き落とされる仕組みです。

そのため自分の銀行口座に入金されている金額以上のお金は使えませんし、当然一括での支払いとなります。

クレジットカードのように銀行口座にお金がない時でも限度額以内であれば使用できる訳ではありませんので、それが最大の違いになります。

デビットカードのメリット

  • 審査がないので誰でも持てる
  • ポイントなどが付くため現金で支払うよりお得
  • 借金をすることがない

まず審査がないので、債務整理や延滞歴などの信用情報に汚れがあってクレジットカードの審査に通らない人でも関係なく持てます。

>>>通称ブラックリスト。信用情報機関とは何なのか?

 

つぎにデビットカードを使用するとポイントがついたりするので、現金で支払いをするよりもお得になる場合があります。

何よりも私が一番のメリットと感じるのは、借金をすることがない。

この点になります。

口座に入っている金額以上は使うことができない上に口座から即引き落とされるため、知らないうちに借金が膨れていたということが絶対にありません。

クレジットカードで失敗している私にはこれが最大の魅力です。

デビットカードのデメリット

  • クレジットカードよりはポイントが少ない
  • 借金ができない

まずクレジットカードよりもポイントがつきにくいです。

これはクレジットカードでいうところの手数料というものがないので、クレジットカードほどポイントがつかない場合が多いです。

ただもちろん現金払いよりはお得です。

 

借金ができないというのは先ほどメリットでもあげましたが、状況によってはもちろんデメリットになる場合もあるかと思います。

 

無吉無吉

一時でも借金をしたくなくてデビットカードを持ちたい僕にとってはメリットだけどね! 

メリットとデメリットとしてはこんなところになります。

どちらがいいかはその人次第

借金をしてしまいそうな人や私のようにすでに前歴がある人、クレジットカードが作れない人はデビットカードの方がいいとおもいます。

クレジットカードの仕組みをきちんと理解していて、資金管理がきちんとできる人はクレジットカードでよいでしょう。

 

吐いて捨てるほどのお金がある人はもはや何でもいいですね。

クレジットカードで限度額のないブラックカードを持つもよし、デビットカードで口座にお金をいっぱい入れておいていくらでも使えるようにしておいてもよいでしょう。※不正利用された際などの保証内容に限度額が決まっているため、注意です。

最後に

クレジットカードで失敗した人やクレジットカードを作れない人はデビットカードをつよくオススメします。

もちろん失敗をいかしてきちんと資金管理できるようになった人は別ですが…私は正直いつまた繰り返してしまうのかと思い、少し怖いです…

 

カードを持たずに現金で支払うという方法もありますが、ネットで買い物の時とかに面倒だったりするんですよね。

それにこれからはネットでの買い物がさらに増えるにつれて、ますますカード決済が主流になっていくかもしれません。

 

クレジットカードで失敗した人も特に失敗していない人も借金をしてしまうことは絶対にないデビットカードを持ってみたらいかがでしょうか。

それではみなさま、よいカードライフを!