みなさまこんにちは、突発的な雨に対しては傘を買いたくないダサオです。

 

関東圏にお住まいの方は突然のゲリラ豪雨にみまわれ、夏の訪れを感じたかもしれません。

私事ですが、なぜかいつも持っているはずの折りたたみ傘がなく、迷ったすえに雨に濡れて帰ったのでそのお話です。

スポンサーリンク

それはある日突然に

いつものように人に迷惑をかけたけど少しだけ謎の達成感がある仕事の帰り道、最寄り駅につくと雨が降っていました。

いつものように折りたたみ傘の入っている、カバンの隠しポケットに手を伸ばすと、なぜかそこには傘はなく、代わりに失くしてたカードローンの契約の時の書類が入っていました。

なぜここに?こういう時に内緒の借金がバレるから先に言い訳を考えておく。書類紛失

 

ちょっと雨が強いなーと思い、駅にあるコンビニに入り傘の値段を見ると400円。

ダサオダサオ

折りたたみ傘さえあれば払わなくていいのに!

そう思ったので、迷ったすえに傘は買わずに雨にぬれて帰りました。

傘を買わないと高くついちゃうこともあるんじゃない?

風邪を引いたら病院代がかかりますし、スーツだったらクリーニング代の方が高くつきます。

そういう見方もあると思うんですが…

なぜだか無くてもなんとかなるような物にお金を使いたくないんですよね。

 

いや、もちろん私の今までや日頃の行動を見ると矛盾しているとは思うのですが。

ただ、こういった状況(普段は折りたたみ傘がある)での傘は買いたくありません。

ダサオダサオ

特に傘に恨みはないよ!

借金あるから傘も買わずに帰る俺カッケーみたいなナルシスト的なところもあるかもしれません。

ダサオダサオ

ハゲてるけどね!

ちがいますー!額が広いだけですー!

スポンサーリンク

感覚の違い

自分でも不思議です。

傘なんてタバコ買わなきゃ余裕で買えるのに。

 

語弊がありますね。

借金があるので本来は余裕ではないはずです。

 

このもったいないと思う物と自然に買ってしまう物の違いはなんなのでしょうか?

いうなれば『買う物によっての価値の違い』ですね。※異論は認めます。

 

これは自分の中で、不要な物でも無意識のうちにランニングコスト的な物に分類してしまっているのかもしれません。

そこからはみ出ると何だかもったいない気がしてくるのでしょうか。

最後の良心みたいなものかもしれませんが、傘に関してはこの感覚がいいことなのか悪いことなのか…

 

そもそも私なんて突き詰めればほぼ交通費のみで生きていけそうなものですけどね。

ダサオダサオ

気持ちが弱すぎるから物理的に追い込みたいね!

今回の件での一番の対策は、きちんと折りたたみ傘が入っているのを確認することなのは間違いありません。

 

ここまで読んでいただき、誠にありがとうございました!

それではみなさま、よい返済ライフを!!

スポンサーリンク


ブログランキングに参加してます!
もしよければ清き一票(応援クリック)お願いします!
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ