みなさまこんばんわ!ダサオです。

GW真っ最中のみなさまはいかがお過ごしでしょうか?

私は家族で遊びに行ってきました!

が、何事も下調べは重要ですね。

ちょっと残念なイベントに行ったので、そのことについて書いていきます。

スポンサーリンク

入場料大人1000円、子供500円

本日行ったイベントは入場料があり、大人1000円で子供は500円というものでした。

いつものごとくイベントの詳細は割愛しますが、まさかの滞在時間20分という驚異的な記録を打ち立てました。

理由はただ一つ、残念ながら楽しくなかったから。

楽しくなかった理由

  • アトラクション的なものが予想以上に少なかった

これにつきます。

あますところなく全部まわったにも関わらず、20分という短い時間ですべて周り終わりました。

もちろん事前に口コミなどを調べようとはしたのですが、始まったばかりなためか情報が全然ありませんでした。

開催されている施設もわりと有名なところだったので、何の疑問もなく行ってしまいましたが完全に失敗でした。

 

その会場の近場にたまたま大きめな公園があり、子供が十分楽しめる遊具や売店でビールを販売していたのでそこで凄く楽しめたので結果オーライでしたが、この入場料でもっと楽しいことができたかと思うと少し後悔してしまいます。

ということで何かしらの対策ができないかと思い、少し考えてみました。

情報が少ないイベントへ行く前に

  • イベントのホームページを確認する
  • 面積で考える
  • 近場で遊べる場所を調べておく

こんなところが考えつきましたので、順番に説明します。

イベントのホームページを確認する

タイトルでも書いていますが、楽しそうなことや興味をひくことを書いているのは当たり前です。

見るべきところはそのイベントの『目的』と『ターゲット』という部分になります。

例えばファミリー向けなのか、バイヤー向けなのか、または集客が目的なのか、商品を買わせることが目的なのか、イベント名には関係なくそのイベントが狙う『ターゲット』というものが存在するはずなので、それをある程度みきわめる必要があります。

ダサオダサオ

僕が行ったのはその施設に『集客』をしようとしているイベントの中のひとつだったったぽいね

スポンサーリンク

面積で考える

もしも面積がわかるようであれば、把握した方がいいです。

私が行ったところはそもそも面積さえ分かっていればいかなかったかもしれないくらい狭かったです。

基本的には面積が広いほうが時間をかけられるはずなので。

 

オリンピックで話題の東京ビッグサイトを例に例えると、イベント毎に敷地のどれだけを使っているか変わります。

10くらいの部屋があって、イベント毎に使っている部屋の数が違うのでその数ですね。

東京ビッグサイトでやっているイベントだからといって、東京ビッグサイトの全てを使っているとは限りませんからね。

※どの地域のイベント会場でも主催者側はだいたい部屋(ホール)毎に借りられるので一緒です。

ダサオダサオ

広いから楽しいとは限らないけどね…

近場で遊べる場所を調べておく

上記をいくら調べたところで期待はずれなことは充分にありえますので、保険として近場で遊べる場所をあらかじめ探しておくといいと思います。

私は偶然近場で遊べたので助かりましたが、これがなかったら目も当てられませんでした。

最後に

新しいイベントなどは『口コミ』という最大の情報があまりないので見極めるのは難しいかもしれません。

もちろん楽しいイベントもたくさんありますけどね!!

ただ、情報の出回っていないイベントに行くさいは楽しくないということも充分にありえますので、何かしらの作戦を考えていた方がいいと思います。

 

ダサオダサオ

なになに?家族や好きな人とのお出かけであればつまらない場所でも楽しいって?

そうですか。

 

今回の私は近くに遊べる公園があってよかったと書いていますが、家に帰ってきてから妻と話していて発覚したことがあります。

 

そもそも近所の公園でもよかったよね!

 

それではみなさま、残りのGW全力で楽しみましょう!!

スポンサーリンク


ブログランキングに参加してます!
もしよければ清き一票(応援クリック)お願いします!
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ